30の独身だけど趣味はサイトで人妻狙い。
特定の彼女はいないのだが年増の人妻狙いで、逢ってはハメ倒している。
仕事の関係で他県に異動となり早速サイトで片っ端にメールを送った。
しかし最近ではサイトも廃れて中々難しい状況だが、何とか真面目な感じの人妻とやり取りが出来た。
年齢は45と記してある彼女は専業主婦の喜代子。
メル友募集で男と逢うつもりはないと返事がありガードが固い。
しかし仕事の合間に誠意を込めたメールを送ったり、エッチな話は一切しないで紳士な対応をしていると少しずつ変化が出始めた。
1週間位経ってから始めて、携帯で話をしてみたいと伝えると 構わないですよ との返事が。
いつものパターンで文字化けに苦労しながら何度も番号を教えるとやっと見知らぬ番号からのワン切りがあった。
折り返すとやはり喜代子だった。
メールと同じくおとなしい感じで明るい女性ではない。
携帯で話をするまで長く苦労した分必ず逢うまでもっていきたい俺は、とにかく紳士的に話をしつつ一方で逢いたいと口説いた。
やはり紳士的に接していたのが功を奏してかやっと逢う事に。
但し、逢うだけで絶対に何もしないという約束をさせられ翌々の平日に休みを取り待ち合わせの大型スーパー駐車場に行く。
そこに白いカローラがやってきて着いたよメールが。
どんな女性なのか車から観察してると、降りてきた喜代子はスカートと服が一体(名前がわからない)の薄出の服装に生足、サンダル姿で地味顔の普通のオバサン。せめてパンスト履くなりオシャレしてこいよって感じで一瞬ガッカリしたのだがマナーとして助手席に招き入れる。
やはりだが話が弾まない。あまりにも喋らないし警戒をしている感じが有りあり。
仕方ないので車を走らせ郊外の公園に行き少し歩いた。平日で殆ど誰もいない。先程まで乗り気でなかったのだが、仕事休んで来てるし、最近セックスしてないので溜っている俺は取り敢えずヤリ逃げでもと思った。
池の畔を歩きながら相変わらず話が弾まないしらけた状況で、警戒をしてるみたいだし手を繋いでいいかな?と言い手を握り歩いた。しかし話が弾まない。
横顔を見ると45歳よりも上に見えるのだがこの際関係ない。
車に戻りそこからが大変。投げ遣りで、2人きりになりたいのでホテルにと誘うが、今日は何もしないって言ってたじゃない と断られる。だがこのまま終わる訳にはいかないので 何もしないからホテルでゆっくり話をしょう とか適当な事を言ってラブホに向かう。
不思議な事に喜代子は嫌と言いながらラブホに着くと普通に車からおりた。
そして普通に俺の後ろからついてきて部屋に入って来たんだよ。
最初はソファーに座りコーヒーを作ってあげて弾まない話をしていた。
そしてとうとう俺も狼になり喜代子に襲い掛かる。
喜代子は 話が違う って拒絶するがここはラブホの密室。無理矢理服を剥ぎ取り裸にするとビックリ。
喜代子の身体は締まってるし乳房は大きくはないが形の良い美乳。そして太ももから足首にかけてかなりの美脚。服装が緩いので分からなかったが、脱がすと俺好みの身体で一気にヤル気モードに。
相変わらず話が違うと抵抗する喜代子だったが、マンコに吸い付くと かなり臭い(笑) この臭いは無理と思った俺は諦めて早々とチンポを入れようとした。
するとさっきまで抵抗していた喜代子が 入れるならゴム着けて と言ってきた。
観念したのか何故か挿入を許す喜代子だが、ゴムを着けずに直接ブチ込みセックス開始。
締まりも良く最高に気持ち良かった俺はあえなく出してしまった。
間に合わず少し中に出してしまったが誤魔化してお腹に射精。
それから本能のまま喜代子を抱き続け、溜りに溜まった性欲を発散した。
普通の女性ならこんな事されたら2度と俺とは逢わない筈なのに この喜代子は違った。
家に帰ってメールすると普通に返事が来る。
数日後深夜にメールしていると無性に喜代子とセックスしたくなり今から逢いたいとお願いした。
旦那や大学生の娘がいるので勿論無理なのは承知で。最初は家族が起きてるから出れるわけないじゃないとか言っていたが、喜代子を愛してるとか喜代子の身体は最高とか、逢いたくて仕方ないんだよ とか伝えると何と、皆が寝たらこっそり出るからとの返事が。
深夜1時だがすぐに支度をして隣の市まで車を走らせる。
すると2時過ぎにやってきた喜代子。
それからラブホに行き4時過ぎまでハメてやった。
最後一緒に風呂に入って洗ってあげてからマンコに吸い付いたがやっぱり臭かった(笑)喜代子はお願いされると断れない性格なのか超M女である事は間違いない。
マンコが臭いのは残念だが身体がタイプだと顔までタイプに見えるし、今では上玉のセフレとして重宝している。
裸と顔写メは頼んでも送ってくれないが、椅子に座った状態でスカートを捲った太ももやブラちらは送ってくれるし。
調教していけば面白い存在になると確信している。