私は45才既婚でただいま単身赴任。彼女は同じ職場のパ−トさんで53才人妻。仕事は日曜と隔週木曜がお休み、月に1度位彼女は私の部屋にやって来る。
彼女とは初めは仕事の上での付き合いしかなかったが下ネタも十分に通じるちょっと小太りの年寄り若く見える女性。
だんだんとプライベートの話もするようになった時、ご主人の浮気の相談を受けた。単身赴任の私も浮気をしているのかと思ったのかいろいろと相談された。
そのとき、私は浮気はしていなかったがそれなりの受け答えはしていた。彼女は私のタイプの女性で、前から気になってはいたが身持ちが堅そうだったのでそんな素振りは見せないでいた。
ある平日のお休みの日、彼女からメールで今から相談したいことがあるとメールが来た。誰にも見られないようにとチョット離れた河川敷で待ち合わせ。
主人は浮気を開き直っている、私は浮気したことないのに、と彼女は捲くし立てました。
「そんなの関係なくなるよ、Aさんも浮気すれば」と思いがけず言ってしまいました。
「だって相手いないもん」
「そんなことないよ、Aさん綺麗だし。相手はすぐ目の前にいるよ、ずっとAさんの事を好きでいる男性が」
「えっえっ、私もこんなこと相談するぐらいだから好きなんだけども」
隣に座っている彼女をいきなり引き寄せ顔を近づけキスをしました。初めは顔を背けましたがすぐに動きは止まりました。
ゆっくり舌を彼女の中に入れるとさすがに人妻だけあり絡めてきました。その後は当然の成り行きのごとくホテルの門をくぐりお互い結ばれました。
彼女は本当にご主人以外の男性経験はないようで積極的では決してなかった。
あれから数ヶ月、今の彼女といえばご主人の浮気は関係ない、と言った具合に、と言うよりご主人に復讐している様子。
先日、彼女が平日のお休みの朝に私の家に来た。彼女には鍵を渡しているので何時でも入ってくることができる。
私はまだお布団の中にいました。入って来て「おはよう」と言うなりいきなり布団を跳ね上げ私の股間に顔を近づけてきた。
季節柄、私はパンツだけで寝ていた。股間に向かい「元気ー」と彼女。いきなりパンツを下げ片手でしごきながらルージュの唇で私のモノを咥え込んだ。
「少し逢ってないけど元気になってきた、うれしい。今日はゆっくり出来るから焦らないでね。お口に頂戴」
数ヶ月前の彼女からは想像も出来ない言葉。でもなんかうれしくその場でさんざん咥えさせた挙句、口の中に放出した。
彼女はゴクンと飲みおもむろに洗面所に行き口を濯いできた。
「精子の味がしたらイヤでしょ」と彼女。
それから服・スカートを脱ぎ隣に来た。
「今日は思いっきり抱いて」
一回放出した後だったのですぐには私のモノは固くならなかったが彼女を攻めているうちに元気を取り戻してきた。
私としてはそろそろ挿入したかったがゴムがないことを思い出し躊躇していた。その間も彼女は1~2回は達した様子。
「もうきて、入れて」と言う彼女に、
「アレないもん、お互いにこの年で出来たら困るから」
今まで必ず防具を装着して来た。それは彼女の願いでもあった。
「今日はいいの、今まで黙っていたけどもう生理ずいぶん前からないの」
初めて彼女の中に生での挿入。中出し出来るとわかると今まで以上に燃えました。
「いくよ、いくよ」と言うと、
「思いっきり、いっぱいね」と彼女は言った。
私は一気にダッシュし彼女の子宮めがけて思いっきり密着し放出しました。
彼女から抜くと股間からは私の精子が流れ出て来ました。
「とうとうやっちゃたね、もう私は主人の浮気のことはどうでもいいと思ってるから。私も今日、最高の不倫しちゃたから」
彼女の言う最高の不倫とは中出しを受けることらしい。
今でも彼女とは挿入の度に子宮に精子を発射しています。