36歳の頃、埼玉県内のある施設で10日間の研修中、ずっとペアを組んでいたのが34歳の綾香さんだった。
やや小柄で色白、丸顔にエクボと八重歯が子供っぽく見えた。でも、お互いの左薬指には指輪が光っていた。
研修所内の宿泊施設は男女別棟で、研修時間以外は顔を合わせることはなかったが、二週間一緒にいたら少しずつ恋心が芽生えてきた。

5日目の金曜日、土日が自由時間になっていた。
「須崎さんは土日はどうされます?」
「新幹線で大宮から1時間ちょっとだから、いったん帰ろうと思います。」
「あら、私もそうしようと思ってました。」
18時頃、綾香さんと大宮駅で別れた。それぞれ、色の違うダブルデッカーに乗り込み、大宮駅を後にした。

日曜の夜、研修所へ戻ってきて、翌日研修で綾香さんと顔を合わせた。目が合って、思わず照れ笑いした。
…俺も久し振りに会った女房を二日連続で抱いた…きっと綾香さんも、久し振りに旦那さんに愛されたんだろうな…
お互い思いは同じだったと思う。その日から、綾香さんがどんな顔で喘ぐのか、綾香さんはどんな体をしてるのか、女房のマンコと比べてみたいな、などとよからぬ妄想をするようになった。

研修10日目、綾香さんと最後の日、昼食を食べながら、
「なんだかこのままお別れするのも寂しいですね。」
「そうですね。」
「もう…一泊…」
と言って俯き加減の上目使いで綾香さんに目をやった。
「ふふ…いいですよ…」
綾香さんはニコッと笑った。早速、近場に旅館を取った。

夫婦を装い部屋に入り、浴衣に着替えて風呂に入った。
部屋に戻ると夕食の仕度ができていて、少しお酒も飲みながら平らげた。
暫し沈黙が流れたが、俺が思い切って綾香さんの方に手をかけたとたん、綾香さんがしなだれかかってきた。エクボと八重歯の可愛い微笑が見上げていた。綾香さんは女房より2歳年上だが、女房より若く見えた。
綾香さんを抱き上げて、布団に寝かせながら浴衣を肌蹴させた。
白い肌に水色のパンティとブラは映えた。ゆっくり脱がせれば、形のいい乳房と湿った溝が現れた。
溝を広げれば34歳の人妻らしい薄紅のヒダがパックリと割れて、桃色の女陰が全開になった。ポチッと出た突起を優しく転がせば、長く深いため息のような吐息が続いた。女房以外の女陰に舌を這わせるのは結婚して初めてだったから、いつまでも舐めていた。
トローリと蜜が糸を引き、男根の侵入を待ち侘びていた。

イキリ勃った男根を見つめ、目をトロンとさせながら綾香さんが咥えた。ジュルジュルとツバをつけながら見事なスロートを見せた。幼い顔立ちとのギャップに心躍った。
男根を挟むように摘んで、俺に跨って騎乗位で生挿入した。
「あうう…中には…あはあ…出さないで…ください…ああん…」
綾香さんの中は、女房よりもコリコリする感覚だった。
正常位になって大きく腰をグラインドさせた。ブジュッ、ブジュッと蜜が噴出す音がイヤらしく響いた。抱き合って唇を重ねて舌を絡ませて快感を貪った。二人ともかなり昇りつめて、
「あぁ~あぁ~あ…あん~~~う…う…ああ~~きもち…いい~」
エクボと八重歯の可愛い顔が恍惚の表情に変わり、カクカクと震えだして俺の精液を搾り取ろうとしていた。このままでは危ないので、素早く抜いて綾香さんのお腹の辺りに精液を迸らせた。
初めての不倫はほぼ行きずりに近かったが、10日間一緒に寄り添うことで離れ難くなった男女が、一夜の夢を結ぶことで思い出にしようとしていた。

翌日も朝食後、チェックアウト前にもう一度交わり、お互いの記憶を刻んだ。
「今度こそ、お別れだね。いい思い出をありがとう。さようなら。」
「ふふ…私…実は…夫以外の男性初めてだったんです。ステキな経験させてもらいました。さようなら。お元気で…」
最後に、エクボと八重歯の笑顔を脳裏に刻み込んだ。
新幹線の窓に、綾香さんの可愛い顔と恍惚の表情が交互に浮かんでは消えた…

13年前の初秋の頃の思ひで…
唯一の浮気相手、綾香さんは今、幸せか…