淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

福島の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

発射したのが久美子の膣内に当たって返ってくるのが分かるくらい強い射精感。

近所で町内会が一緒の奥さん(久美子49才。小西真奈美似)との話。

娘同士が友達という事もあり、会えば立ち話はする程度の仲。

先日、偶然に歩いてる時に遭遇。

この前、娘がここの家に泊まりに行った時の写真があるからあげるよと。

手間をかけさせると悪いと思い、データでもらえればこちらで印刷しますと言ったところ、

「携帯で撮ったからメールで送ります?」

と言われ、

「いやーいいですよ。それも手間かけるし」

「いいからいいから。早く教えて!」

と半ば強引にメールアドレスを聞かれ、頑なに断るのも悪いので教えた。するとその場で

「ちょっと待ってね。今送りますから」

とメールを送ってきた。

「ちゃんと写真行ってます?」

と聞かれたので、

「あ、はい。添付されてますよ。あ!ホントだ仲良いですね!」

「ね!可愛いでしょ!」

という会話をした後、買い物があるからと奥さんと別れた。

別れてから15分くらいした後にメールがきて

「一応、アレだからメール交換したのはママに黙っててね!」

と書いてあり、自分も説明が面倒くさいので

「そうですね。家内には黙っておきます。秘密にしましょう!」

と返した。
続きを読む

イきました。ザー〇ンください。熱いザー〇ン飲ませてください。

妻と二人で喫茶店を営んでいます。
ある日、定休日に店へ行き奥の事務所で仕事をしていると、
裏口の鍵を開ける音と妻の声がした。声をかけようとした瞬間、男の声が。
「わざわざ来てやったんだから、たっぷりサービスしろよ。」
妻の不倫現場に遭遇してしまったことに気付いた私は、とっさに事務所のカーテンに身を隠し、隙間から覗くと、
そこには見たことのない妻の姿がありました。
濃い目の化粧、胸の谷間が露出した服、お尻の膨らみが見えそうないやらしいスカート!
男はソファに腰掛け煙草に火をつけた。妻は彼にアイスコーヒーを出すと、男の隣へ腰掛け男の股間に手をやった。
「コーヒー飲む間、しゃぶらせてください。」
そう言って、男のベルトを外しジーンズと下着を下ろすと、男の両脚の間に跪き、
既に大きくなったモノを両手で握り愛おしそうに先端部へキスをした。

私は自分の目と耳を疑った。私が要求しても拒んでいたフェラチオを、自分からねだっている。
時折「Yさん(その男)のチ〇ボ美味しい。」とか
「Yさんの太くて大っきいチ〇ボが好き。」などと言いながら一心不乱に舐めたり咥えたりしている妻の姿はAV以上のリアリティがあり、性奴隷そのものだった。
10分20分が経ち、呆然としている私の耳にトドメをさす言葉が入ってきた。
「ザー〇ン飲ませてください。」
「まだコーヒー残ってる。」
「Yさんのザー〇ン飲みたい。熱いザー〇ン。」
「じゃあ、裸になれ。」
「はい。」
服を脱いだ妻は下着を着けていなかった。
続きを読む

38歳、看護婦、2人の子持ち 福島の熟女マダムのエロSEX体験談

出会い系にて、人妻38歳、看護婦、2人の子持ち、身長171cm、スレンダー、めちゃくちゃ美人。

無職の旦那に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。
旦那とは離婚したいけど子供がいるから無理らしい。
相手は警戒心が強く、下ネタはダメ、本気で恋愛したいんだアピールが凄くてちょっと疲弊したけど、半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。
写真は貰っていたから顔は知っていたけど、実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。
初デートで付き合おうって話になったけど、俺は身体目的。
もちろんそのことは隠していたけど。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ