淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

山形の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

童貞狩りをしている人妻のエッチ体験談

出会い系ではないが、人妻で童貞狩りブログをやってる女との話し。
俺がよく見てるブログの女主が、実は家が近いと知った。
やがて直メや、写メまで交換する間柄になった。
年齢は6才上の31で、主婦。
見た目はグラマーで最高。
最初の方は何度も断られたが、何回かの挑戦で、ついに会う事に。
駅で待ち合わせして、焼き鳥屋に二人で入った。
続きを読む

ベッドに手をついて腰高にして後背位でした体験談

五月の中旬から英国へ7日間の小旅行をしました。 
ロンドンでは王立植物園で二日、プリストル空港からはペンザンス迄はレンタカーで出かけました。 
沈む夕陽を眺めるためです。 

西海岸を経て、ホリーヘッド、リバプールまでレンタカーで。十分に自然を満喫しました。 
交代でハンドルを握りながらのんびりとしたドライブでした。 

自然の風景が心を和ませてくれました。 
それぞれの場所で夕食後はベッドのお楽しみでした。 
日本にいるときには一週間に一度程度の仲良し会ですが、旅行中は毎日が仲良し会でした。 

ベッドルームに入ればお洋服をぬぎ去ってお互いをむさぼり合いました。 
ブラを外して、ショーツも脱がせていただきます。 
ベビーの左右を押し開きながらクリの先端を剥き出しされます。 
ペニスが入る場所も木戸さんが指先をいれて刺激されます・・・。 

木戸さんがジュニアを持って、あゆみの中へ入られます。 
自然に流れるジュースは彼が飲んでくれます。 
正常位で合体。 
強く弱く。早く遅く。 
二人の摩擦で発火しそうです・・・。 
続きを読む

月に一度のペースで生理前に会って溜まりに溜まったザーメンを子宮に注ぎ込んでいる。 やっぱり人妻!お互い愛し合っての生出しは最高!

パートさん

同じ会社に勤務しているパートで由美子(仮名)は私より一回り年上の40歳、周りの人達から「綺麗な人だね」と好感度の二人の子供がいる人妻さん。お互いに会社を休んで食事に行った。

午前中から待ち合わせし人込みを避ける為12時前にランチを取った。
仕事のことや家庭の事など話している間に人が混みだしたのでレストランを出て私のワゴン車に乗ってひと気の無い所に移動し話の続きをしていた。
話の内容も無くなりお互い無口になった瞬間、私は由美子に抱きついた!


「やめて!」と彼女が言うと私は「由美子さんが好き!」と言い額、頬にキスし思い切って唇も奪ってしまった。
彼女の口に舌を入れると腰を痙攣し始めた。
もう堪らなくなり「由美子さんが欲しい」と告白するとそのままホテルに!

お互いシャワーも浴びずディープキスし由美子の服を脱がしながら私も脱いだ!
子供が二人もいるとは思えない綺麗な体、私は由美子の硬くなった乳首を口に含み舌先で軽くそして激しく転がし、出ない母乳が出るくらいの勢いで乳首を吸った!

すると先ほどより激しく腰を痙攣させた!
「いい!気持ちいい!」と由美子は言い、下半身に唇を移した。
白い本気汁がアナルまで垂れる位に沢山濡れていた!
私は本気でこの人妻が欲しかったので本気汁を舌で膣からかき出し沢山味わった!

次に指先は硬くなった両方の乳首を両手で転がしながら舌先を勃起したクリトリスへ、優しく丁寧に舐め上げマンコ汁を吸い込んだ!
由美子は腰を浮かせ「イッ、イッちゃう」と叫び、「いいよ、思いっきりイッちゃいな」と私は言った。
すると腰を高く上げイってしまった。

小刻みに腰を痙攣させ頭が真っ白の状態で余韻に浸っている。次に私の太く固く仰け反っているペニスに頭を自分から持ってきてフェラチオしてくれた。
「硬~い!それに家の旦那より太くてたくましい」と言いながら舌を使って尿道口、カリの部分を丹念に舐め回してくれた。
私はイキそうになったが我慢して人妻の由美子に「入れたい!」と言い、由美子はしばらく考えた後「私も!」と小さな声で言い、ぐちょぐちょのオマンコとクリトリスに亀頭を擦りつけ生で膣に挿入した。

由美子はかん高い声で「あぁ~、イ~、凄く硬くて大きい!」と声を出した。
私も「由美子のオマンコ、最高に気持ちいい!」と言い返した。
私は生で挿入するのは生まれて初めてで最高に気持ち良かった。

何度かピストン運動を繰り返していると由美子は「イッ、イッちゃう」と叫び、私は「一緒に行こう、このままイッてもいい?」と聞くと「いいよ!子宮の奥にいっぱい出して!」と言い、量の多い濃いザーメンを生まれて初めてオマンコの奥に生で出してしまった!

その後由美子は腰を痙攣させながらマンコ汁とザーメンの着いたペニスを綺麗に舐め上げてくれた。
私のペニスは勃起状態が治まらず、まだ痙攣している由美子のオマンコに今度はバックから生で挿入した。一度射精すると二度目は長持ちするのでガンガン奥に突いた。
すると由美子は「奥にすごく当たってる!凄く気持ちいい、オマンコが壊れちゃう!」と腰を痙攣させながら叫び、子宮口に私の濃いザーメンを直接注ぎ入れた。

由美子は「また会いたい!」と言い、私は「妊娠したらどうする?」と聞き、由美子は「OOさんの子供だったらいい!」と言い、最後に69でお互いの性器を激しく舐め合い、今度は由美子の口の中へ最後に射精した。

由美子は尿道に残ったザーメンを吸い取って飲み込んでくれた。
ホテルを出て車で待ち合わせた場所まで送って行き、また愛し合う事を約束し最後に激しくキスをして別れた。

この後は月に一度のペースで生理前に会って溜まりに溜まったザーメンを子宮に注ぎ込んでいる。
やっぱり人妻!お互い愛し合っての生出しは最高!

巨乳を弄び、好きなように生でチンコを入れ、卑猥な言葉を言わせて大満足。

先週5年ぶりに高校の同窓会がありました。
幹事をやっている奴が「5年に一度」という意味不明な決め事を作っているらしく、前回は25歳の時でした。
30歳になった同級生たちの半数は結婚していて、女も7~8割は人妻でした。
金曜日の19時からスタートでしたが、19時になんて仕事は終わるわけもなく・・・
俺が到着したのは20時半頃でした。

小さなレストランを2時間貸し切っているらしく、到着した頃には「もう終わりだよ」的な雰囲気。
腹も減っていたので食べるもんは食べて、30分弱で1次会は終了でした。
21時なのでまだ帰る奴も少なく、2次会は近くのカラオケでした。

歩きながら久し振りに会う同級生と世間話をしていると、ふと目に入ったのが元カノ。
3年の夏前に付き合いだし、大学1年の冬に別れた女です。
お互いのサークルとかが楽しくて、次第に会わなくなって別れた記憶があります。
目が合ったので「久し振りだな」と約10年ぶりに会話をしました。
前回の同窓会には元カノは出席してなかったので。
続きを読む

山形の熟女マダムのエロSEX体験談

小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。
農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。
今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。

田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの普通の学生でした。
彼女と何回かSEXした事がありましたが、もちろんいつもゴム付で生中出しなど夢のまた夢・・・でもそれなりに楽しかったと思います。
その彼女は現在の妻です。
子供も2人います。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ