淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

新宿区の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

人妻美熟女ピアノ講師と秘密のレッスン

僕は、今年40歳を迎えた。
仕事も順調、家庭も平穏、ごく普通に妻子ありのビジネスマンだ。
でも、なにか新しい刺激が欲しくて、今年から、都内大手の楽器店で講座がもたれている「初めてのピアノ大人のレッスン」に通い始めた。
建前は、新しい趣味、刺激を得る事だったが、本音は、清純そうに見える女性ピアノ講師に出会えればいい、と思っていた。
僕の想像では、ピアノ講師というのは、20代の独身女性が殆どかと思ってレッスンに通おうと思っていたのだが・・・、初めてのレッスンの時、ドアを開けて入って来たのは、結婚指輪をはめた30代半ばの人妻のピアノ講師だった。
年齢が少し予想を外れていたが、髪はセミロング、丸顔で、鼻が、すこし平たくて横にはりだしていて大きめだが、色白で、くりくりとした大きな目をしていてカワイイ系の女性だった。

仕事の後、何回かレッスンに通ううちに、普通の会話から彼女のことも少しずつわかってきた。
そして、おたがい講師、生徒として慣れてきた2月末、レッスンが終わってから、駄目もとと思いながら、彼女をワインバーに誘ってみた。
「先生、もしよかったら、今晩このあと、銀座のワインバーにでも立ち寄りませんか?」と。
そうしたら、彼女、微笑み返して、
「そうですね・・。今日は、主人が出張でいないから、行きましょうか。」と返答してきたのだ。
続きを読む

挿入をされ2.3回の腰振りで妻は生挿入でも嫌がらずに簡単に堕ちてしまいました

わたしが言うのも変ですが妻はすこし大柄な体系ですが
「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。
結婚をして12年経ちます子供は独りで9歳で手がやっと離れた感じデス
それに妻は37歳熟女盛りの1番美しい時です。
顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと街中で何時も
「中年や初老風な男」に
ナンパされるといってます。
そんな文句の付け所の無い妻ですけど…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです…
私の物が悪いと思いますが…
続きを読む

気を失った妻の中へ中出しし見事に4人目が出来た

結婚して早15年、少し・・・大分マンネリ化してきた性生活 
・・・昨日、妻を犯した。 
外食で久し振りに酒を飲み、帰宅後も珍しく家飲みをした。 
二人でかなり飲んだが、不思議と自分は酔っていなかった。 
だんだんと自分の性欲が込み上げ、妻とSEXをしたくてたまらなく、 
子供達を寝かしつけ、準備を整えていた(笑) 
しかし、3階から1階のリビングに戻って来た時は、 
妻は寝落ちて、よだれを垂らしていた。 
はぁ~マジかよっと思いつつよだれをふいてあげた時、 
妻が、口をパクパクさせて鯉の様だった。 
その時、落ち着いた性欲が込み上げ、妻のパクパクしている口にペニスを入れたくなった。 
気持ちを押さえつつ、ズボンを脱ぎパンツも脱ぎ捨てて、ソファーで酔いつぶれている 
妻の口に入れた。 
何かを食べている様に、ペニスを口に頬張っていた。 
もう俺は嬉しくてたまらない。 
それは妻は、フェラが大嫌いで、結婚してからは数回しかしてもらっていない。 
その妻が半立ちのペニスを根元まで咥え込んで、時折苦しそうな顔をして、 
俺は最高な気分になった。 
ずっうとこのままで痛いと思い、妻の服を脱がし下着姿にさせ足と手を縛り 
ソファーの上に足左右に開かせ閉じない様にくくりつけた。 
もちろん目隠しと口は、マンネリ化打破の為に一度試し嫌がられた口枷をさせた。 
妻はこんな恥ずかしい格好で寝ている。 
もう自分の理性?はない!! 
俺は妻の最も嫌がるお尻・・・アナル!! 
もう止まらない、この数年一人ですること(オナニー)が多くなり、 
妻の若かりしき頃の下着をオカズにしていた。 
実は下着フェチであり、着用もしてオナニーをしていた。 
そこで妻のお気に入りの下着を俺が着て妻を犯すことに決めた。 
早速妻の下着をあさり濃紺で淡いピンクのレースをあしらったブラ&パンツ 
そしてキャミをまとい妻の下へ。 
ドキドキが止まらない!恐る恐る扉を・・・妻は爆睡していた。 
よくまぁこんな格好でと思いつつ、俺もこんな下着姿でと恥ずかしくなった。 
とりあえず記念写真を撮り、妻のアナル処女開通記念を録画することに決めた。 
もう我慢が出来ず濃紺のパンツが俺の我慢汁でさらに濃紺になっていた。 
早速、妻のアナルを舐めまわした。 
続きを読む

木馬から下ろされた彼女の股間はポッカリと二つの大穴が開き、おまんこに男がチンポを突っ込んで、よほど昂奮していたのか僅か1分程度で射精した。

俺は、大学生の頃、気に入った女を抱かせてやるから手伝えと居酒屋で隣り合わせたオッサンに誘われてバイト感覚で言われた場所を訪ねた。
「何があっても疑問視せず、ただカメラマンに徹して欲しい。」
と言われて、倉庫のような部屋で壮絶な画像を撮影した事がある。
連れてこられたその女性は楚々としたお淑やかそうな美人で、30歳前後に見えた。左の薬指に指輪をしていたので人妻であることはわかったがそれ以外の情報はなかった。
細身に見えたその女性は、裸にされると意外といいスタイルで胸もクビレもモデル級だった。それなりに使い込まれて穏やかに変形しかけたおまんこを開かれ、顔を真っ赤にして恥ずかしがっていた。
彼女は手枷足枷で吊るされて、根元の太さ10cm、高さ20cm以上はありそうなビール瓶みたいなツノが2つそびえた木馬に少しずつ下ろされていった。もちろん、そびえたツノは、おまんことアナルに突き刺さっていった。
彼女に突き刺さっていくそびえたツノは弾力性があるようで、彼女の二つの穴の距離に合わせてグニャリと変形していた。自分の体重でめり込むツノに体を引き裂かれて苦悶の表情を浮かべた彼女は、その男がリモコンのスイッチを入れた後、悲鳴を上げた。
続きを読む

美人人妻熟女に指を入れてクリを弄りながら愛撫をつづけたあと、一気に水色のパンティーを脱がしました

今年大学に入った18歳です
先月ついに中学からの友達の母親と関係できました。
彼女は夏子さん44歳の優しそうなごく普通の主婦です。
友人も地方の大学に行き、姉は一人暮らしで旦那さんとの二人暮らしです。
 
中学から友人とは気が合いお互いの家に行き来していました。
高校に入り夏子さんを一人の女として意識しだしました。
友人には内緒でメルアドの交換もして、普段からメールのやり取りもして今割
いた。
夏子さんも子供に内緒でドキドキすると楽しそうでした。

大学に合格してメールのやり取りで合格祝いをしてあげるとのことになり、1
日だけ夏子さんとのデートの約束を取り付けました。

その日親の車で夏子さんを迎えに行き、彼女が普段行けないホームセンターな
どを回りながらドライブを楽しみ、夕方になって彼女を家まで送りました。
「全然デートじゃなかったね。買い物につき合わせたみたいでごめんね。夕飯
ご馳走するよ。どこか食べに行く?」
「簡単なものでいいから夏子さんの作ったものが食べたい」
じゃあそれならと、夕飯は夏子さんの家で作ってもらうことになりました。
旦那さんが出張中とのことでOKしてくれたみたいです。

車を家に置きに帰り、シャワーを浴びながら、どうやって夏子さんと関係を持
つか頭の中はそれだけ考えていました。
途中スーパーに寄り缶のカクテルを色々買い込み友人の家へと向かいました。
夏子さんは普段着のワンピースに着替えており、食卓の上には料理が並んでい
ました。
「急だからこんなものしか作れなかったけど」
夏子さんは申し訳なさそうに笑っていましたが、僕にとっては大感激です。
乾杯をして色々話をしながら、夏子さんに買ってきたカクテルを勧めました。
あまり酒が強くないのを知っていましたから、甘い飲みやすい物を買っておい
たのです。
「これ美味しいわ」
「顔が熱くなってきたわよ。こんなおばさん酔わしてどうするの?」
少し酔ってきたのか顔が少し赤くなり始めています。

続きを読む
カテゴリー
メッセージ