淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

川口市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

人妻熟女と体液と混ざり合った中出しセックスしたエッチ体験談

とあるお菓子や雑貨を取り扱うディスカウントショップのバイトをしてる大学生です。
仕事は休日以外は夕方からのシフトで週4で入ってます。

付き合って4年になる彼女にこの冬は何か旅行をプレゼントしたくて
お金がほしくて夏の間はバイトを多めに入れて平日も昼から頑張っていました。
 
メインはレジ打ちなのですが、お客が少ない時は品出しもやります。
毎日何かしら安い店なのでお客は引切り無しで基本的に毎日忙しいです。
夏休みも当然忙しくて連日子供連れの主婦の方を中心に
狭い店の通路が埋め尽くされるくらいお客が増えます。

そんな中で頑張っていたんですが、2週間目位である事に気がつきました。
毎日来るお客さんの中に30~40代間くらいの女性がいるのですが
この女性は必ずおれがレジしている所に会計に来るのです。
見た目は、髪はロングで緩いウエーブ、眼は、パッチリしてて
背は高めで胸もオシリも結構大きい
大体ジーンズでラフな格好が多い何となくHな雰囲気の人です。
最初は偶然かなと思っていたのですが、品出しをしていると良く眼が合います。

毎回眼が合うと意味ありげにニコッと笑うので
凄く気になってきていました。
ある時レジにおれしか居なくてお客が少ない時がありました。
そこへその人がやってきます。
「杉山君って言うんだよね」
レジにガムを一つだけ置いてその人は言います。
「はい杉山です。」
店員はみな名札をつけているのでお客さんの中には名前を覚えてくれている人も多いです。
「君バイト今日は3時までだよね」
「えっ・・あはい・・そうですけど・・」
ガムのバーコードを読み取りながら
なんでバイトの終了時間まで知っているのかと一瞬疑問に思いました。
「ねっバイト終わったらよかったらお茶に付き合ってくれない?」
「えっ・・いや・・それは・・」
「ねっお茶だけでいいからお願い」
「終わったら連絡してねw」
そういうと小さい紙に自分の携帯の番号を手早く書いておれに渡すと
お店を出てきました。

正直如何しようかと思いました。
何となく怪しい雰囲気で行ってはいけないと思いましたが
正直変な期待感があったおれはバイトが終わると直ぐ電話してしまいました。
番号を入れてコールすると直ぐに返事がありました。
「はい」
「あの、杉山と言います・・さっき・・」
「ああ杉山君ね、お店の裏側の駐車場で待ってるから」
おれの言葉を最後まで聞かずにそう言って切ってしまいます。

言われるまま駐車場へ行くと一台の軽自動車がおれの前で止まります。
「さあ、乗って」
「あの・・何処へ行くんですか?」
少し怖くなって聞くと
「何処ってお茶する約束でしょう?」
「あ・・そうですね・・」
ココまで来てまだグズグズしていると思われるのも嫌だったので大人しく助手席に

「この所ずっと眼があってたでしょう?」
車を運転しながら女性が言う
「はい・・なんでですか?」

「なんでってw可愛い子だなって思ってたのよ、それで声をかけたの」
「ええっ・・」
「何言ってるの、ココまできて大体貴方もそのつもりだったんじゃないの?」
「あ・・まあ・・」
図星だった。

喫茶店に入ると簡単な自己紹介をする事になった。
女性の名前は涼夏さん、年は37歳主婦 子供無し旦那さんは自営業
「杉山こうじです。大学2年 一応彼女が居ます。」
「こうじって言うんだw彼女が居るのは知ってるよ何度かバイト先に来てたよね」
「あの、さっきから気になってたんですが、なんでバイトの終わり時間とか、彼女の事知ってるんですか?」

「あっごめんなさい、そういえば一寸気持ち悪い話よねw」
ちょっとうっかりしたな、というお茶目な表情で涼夏さんは笑う
「はい・・正直・・w」
緊張で苦笑いのおれ

「さっきも言ったように君の事気に入って良く見てたのよ」
「ぶっちゃけ、一目ぼれって奴かなw可愛いなって思って、話をしたいなってタイミング見てたのよ」
「それで貴方がバイト終わる時間とか、調べてるうちに彼女とかも見かけたりしたわけ」
「あ・・そうだったんですか・・いや・・はは参ったな・・」

「涼夏さんこんな事良くやってるんですか?」
「はじめてよ」
即答だった。
「そんな感じしませんね・・」
「そう?これでも結構緊張してるんだよ?」
「さっき携帯の番号渡した時だって手が震えたんだからw」
ふふっという感じで色っぽく笑う

「でも、こうじ君も・・あっこうじ君って呼んでいいかしら?」
「はい・・」
「君はどうして電話くれたの?可愛い彼女が居るのに、私みたいな叔母さんに興味あった?」
「いや、叔母さんって・・涼夏さん十分綺麗だし・・その色っぽかったから・・おれも気になっていたし・・」
「嬉しいw」
そういうとおれの手の上に手を置いて笑う、笑うと眼がHな感じに見える
続きを読む

人妻のセフレが増えていくのだから、こんなおいしい役はゆずれない

今の職場は男ばかりの事務所なので、1人だけパートさんを雇っている。
採用は一年限りなので、毎年、一から教えなければならず面倒くさいので、職場で一番下っ端の私がその世話係を押し付けらるのだが、私は喜んで引き受けている。
毎年、人妻のセフレが増えていくのだから、こんなおいしい役はゆずれない。

所長の好みなのか、決まって30前後の小柄でかわいい系の人妻が採用される。当然みんなからセクハラまがいのことをされるが、若い子と違ってそれなりに上手くかわしている。
しかし、1ヶ月ほど経つと、世話係の私に必ずと言っていいほど相談に来るので、一緒にお昼を食べながらお互いに愚痴を言いあったり、「ななみさんがキレイだからみんな構いたいんですよ」などと適当になだめてあげると、ストレスも解消されるようだ。ここで気をつけなければならないのは、最初は飲みに誘わないという事だ。これは後で聞かされるのだが、最初から飲みに誘われると、下心が見え見えなので軽いと思われるのがいやで誘いにのりにくいらしい。
で、徐々に仲良くなってくると、家庭の不満なども話してくるようになる。
そのうち「主人がかまってくれない」とか「何ヶ月もご無沙汰」だとかそんな話題がメインになってくる。
「彼女とはいつもどんなお店に行くの?」とか「おしゃれなバー知らない?」とか聞いてくるので、「じゃ、今度行きましょうよ」って言ってやると、一応迷ったふりをしてからOKする。あくまでも自分からではなく、誘われたっていうことにしたいらしい。

今年採用されたちづるも、おとなしそうな見た目だが今までの人妻と同じで、ちゃんと誘いに乗ってきた。
当日は期待してかなり気合いを入れて来たのが判ったが、あえて何もせずに家に帰した。ただ別れ際に抱きしめたあと、ふと我に帰ったようなふりをして「ごめんなさい」と言って走り去った。
女の人は、そういうドラマみたいなベタなことが結構好きらしい。

で次の日、夕べは何もなかったように接しておき、変な気まずさがなくなってから、倉庫の在庫確認をするからと言って連れ出した。
しばらく仕事をした後すきを見て、後ろから抱きつき「ちづるさんのこと好きになってしまいました」と言い、こちらを向かせてキスすると、待っていたように自分から舌を絡めてきた。
長いキスをしながら一度上半身を裸にし、「誰か来るとマズいから」と言って制服のブラウスとベストを着せた。その間にパンティーも脱がせて、ノーブラノーパンの状態にした。
そしてフェラさせたあとアソコを触ると、すでにかなり濡れていた。そしていよいよ挿入。

と、ここまでは今までの人妻と同じなのだが、今回はちょっといたづらを思いついた。
後ろからちづるのアソコに私のものをいれたが、2、3回動いただけですぐに抜いた。
えっ?という顔をしているちづるをよそに、置いてあったブラとパンティーを手に取り、私は出口へ向かった。
「今日一日預かっておきますね。後で返すから今日はそのままですよ。」と言って、さっさと倉庫を出て事務所に戻った。
少ししてちづるも戻ってきたが、明らかに落ち着かない様子をしていた。
続きを読む

妻が若い男に獣のように犯されるSEX体験談

先程、妻を送り出してきました・・・。
相手は妻の勤務する会社に来たコンピューター関係の業者の男で、システムの不具合を直すために来たらしく、いままで3、4回ほど来たことはあるが挨拶を交わす程度で会話などはしたことがなかったが、昨日いきなり「今週末飲みに行きませんか?」と誘われたらしい。

物静かで穏やかな感じの男なので妻も面食らったが、私の性癖を踏まえつつOKしたとのこと。

顔は見ておきたいと思い、待ち合わせ場所まで他人のふりをして行きました。

というのも、妻はNTRプレイには承諾してくれたものの、あまり年の離れた人とはちょっと・・・、3歳前後がよいと言ってたにも関わらず(この点は頑なに譲らなかった)、相手はかなり若い。(妻38歳、相手は24歳とのこと)

妻の豹変とも言うべき心変わりは何故?と思い、どのような男かこの目で確認したくなりました。

イケメンと認めざるを得ませんでした。身長も180~182cm位、スラっとして、まあスタイルも良い。妻の豹変も納得せざるを得ませんでした・・・。

最後までいくのかわかりませんが、心の中で綱引きをしています。酒を酌み交わすだけで終わって欲しい。いや、またとない機会だから最後までいってほしい。

とにかくいまは混乱して気が狂いそうです。

私の不安をより一層募らせる理由があるのです。女の性欲の最盛期は38歳という説があります。男でいえば15歳の性欲に匹敵するそうです。(妻にそれを話すと妙に得心した様子でした)

真偽の程はいざ知らず、また個人差もあるでしょうが、こと妻に関する限りそれは当てはまるように思えます。
続きを読む

突然夫が「カップル喫茶へ言ってみないか?」と言い出しました

私たちは結婚2年目の仲の良い夫婦です。

先週末、突然夫が「カップル喫茶へ言ってみないか?」と言い出しました。

夫婦生活に不満があるはずもないのに、真面目な夫がなぜそんなことを言い出したのか、

全くわからないまま、とある大阪市内のカップル喫茶に連れて行かれました。

私はもちろん、夫も初めてのカップル喫茶だったらしく、個室に入ってしばらくの間、

その雰囲気に圧倒されていました。
続きを読む

埼玉県川口市の熟女マダムのエロSEX体験談

42歳のバツイチですが、最近、先輩の会社の人妻との不倫をイタしてしまったので報告させていただきます。
 離婚してから肌を合わせた女と言えば、ソープ嬢とテレクラで知り合った援助の女性ばかりでしたが、やはり、お金を払ってイタすのと、そうでないのとでは、淫靡さの度合いが違うなぁと思っていた今日この頃…願ってもないような話が舞い込みました。
 以前勤めていた会社の先輩で、今は独立して小さな会社を経営している先輩から、久しぶりに電話がかかってきました。
 「久しぶりだなぁ、お前バツイチになったんだって?」などと言いながら、しばし雑談しているうちに「調度、頼みたいこともあるし、久しぶりに飲みに行かないか」と誘われたので、断る理由も無いし、そもそも小さいとはいえ、会社の社長である先輩と飲みに行けば、いつもいいところに連れて行ってもらえて、美味いものでも食わしてくれるので、二つ返事でOKしました。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ