淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

鹿児島の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

セフレが人妻熟女で経験豊富なのに前戯のときクンニはいやがる体験談

1:2015/06/20(土) 12:25:06.647 ID:
そんな女いるの?
俺が下手だから触るなってこと?
上手く触れば気持ち良くなるの?
続きを読む

人妻熟女だが40過ぎてセックスにのめりこんでしまった

1:2015/08/15(土) 07:00:00.70 ID:
42歳
バツイチ
子なし
続きを読む

人妻熟女のソープで入浴料だけで出ようとした体験談

1:2015/07/18(土) 17:11:09.325 ID:
女(ヤリマン)「それじゃ2万円頂きます」

僕「ない」

女「あ?」

僕「サイフを調べてみろ」

女「!????」
続きを読む

家では昔と変わらない、服装が派手目になった程度で逆に妻に恐怖を覚える。妻を先日抱いたが、マンコは常に開き状態・アナルも締りが悪い感じだった。

私38歳、妻35歳(B88W62H92)、2人の子供がいます。

最近起きた話をします。

私の家は町外れの集落にあり、妻とは社内恋愛で、今も2人で働いています。

会社まで車で通勤しているのですが、途中人気の無い山道を通ります。

その途中には材木工場(小さい工場)があり通りからは、駐車場しか見えません。

ある日、会社から帰宅途中に、ふと駐車場を見ると1台の見覚えのある車を見つけました。

近くに行き確認すると、やはり妻の車でした。

しかし妻は居ません。

ちょっと気になり、工場の方へ行ってみると事務所らしきプレハブ小屋(2階)があり、そっと中を覗くと中には、全裸の妻が四つん這いで50過ぎの男性の物を咥えていました。

周りには、他に3人(いずれも50代の男性と何故か犬も)がいました。

飛び込む勇気も無く、暫く覗いていると妻は、

「早く入れて~欲しい」

と自分から欲しがっていました。

あまりの光景に、見ていられず先に帰宅しました。

それから、2時間過ぎて妻も帰宅するなり

「ちょっと残業で遅くなった・・・ゴメン」

と言い夕食の支度に入った。

子供も寝た後、妻に夕方の目撃情報を話すと、泣きながら謝り、今までの出来事を話してくれた。

・・・今から3ヶ月前、帰宅途中例の駐車場前に一人の男性が立っていて、

「車のバッテリーが上がったから、ちょっと車貸してくれ」

と言われ、人の良い妻は駐車場に入ったそうです。

「ちょっと時間かかるから、事務所でコーヒーでも」

と言われ仲間の1人に連れられ事務所に入ってコーヒーを飲んだそうです。

その後、記憶が飛び(睡眠薬を飲まされた)・・・気づくと全裸で縛られ写真・ビデオを撮られていたそうです。

「この写真、旦那さんや子供が見たらビックリするね。どうする・・・」

と言われ

「返して」

と言うとメールした時に、またこの駐車場に寄ってくれれば、毎回1枚ずつ返してもいいよ。

と言われ泣く泣く承諾したそうです。

それから2回/週、程度呼ばれ、初めは普通のSEXだったようですが、1ヶ月が過ぎた頃には、アナルも調教されマンコも拡張され遂には、毛も剃られたそうです。

(この時、パパ好きでしょ・・・と言われ、喜んだ覚えがあります。馬鹿でした)

材木工場(資材置き場)と言っても小さく、従業員は5人で1人が40代で他4人は50代。

初めは2人だったのに2週間もすると従業員全員に回され、40代男性には数回休日に呼ばれ(もちろん服装はワンピースや股下20cm位)、ノーブラ・ノーパン・バイブ付けたままでちょっと離れた町を歩かされ、満員電車の中で、痴漢させられたり映画館で下半身剥き出しにされたり、アダルトビデオなみにおもちゃにされた様です。

(確かに、最近の服装は派手で、友達と会うね。と出かける機会が多かった。子供も友達と1日遊んだり、自分も出かけられるので気にしなかった)

その後の話を聞いて、さらに愕然としました。

それは、50代男性の1人が言った一言から始まったそうです。

「家で飼っている犬も最近繁殖期なのか、ちんちんがいつもビンビンなんだ!こいつとヤラせてあげるか?」

まさか冗談だと妻も思っていたようですが、次に呼ばれた時に事務所には大型犬が一匹いました。

初めは、いつもと同じく5人に前(マンコ)後(アナル)共に犯され、遂には獣姦が始まったそうです。

犬のチンポを咥えさせられ、四つん這いになると、犬の方から背中に乗り上げて入れようとし、5人は

「お~凄げ~入りそうだな。手伝ってやるか」

と言いチンポをマンコに挿入させられ、犬の精子がどんどん中に入るのが分かると

「犬の子が生まれるかな?瘤もはいるんじゃね~」

と瘤を入れてきました。

結局、その日はそこまでで終わり帰ったそうです。

それから毎回、獣姦プレーもさせられ、今では、アナルにも犬のチンポは入れられ、瘤もマンコに入る様になったそうです。

たった3ヶ月で妻は別人に調教させられたとは・・・その後、妻とは今までと変わらず生活を送っていますが(子供もいるので)妻は相変わらず、あの駐車場に通っています。

普通のSEXでは満足出来ないらしいです。

そんな淫乱な妻も好きなので許しています。

(最近気づいたのですが、マンコと乳首にはピアスが付けられています)

「ちょっと離れた町で、嫁さんを見かけたよ」


と友人に言われた時はビクッとしましたが、バレない事を祈る毎日です。

■後日談
妻が私に全てを話してから6カ月が過ぎた。

今も木材工場に通い続けている・・・と言うより木材工場で働いている。

今から2か月前、妻がリストラされた。

私1人の収入では生活が苦しい為、妻には働いてもらう必要があった。

数日して妻が木材工場で働くと言いだした。

もちろん会社の目的は分かっていたので、

「あの工場はダメだよ!他にないの?」

と言うと

「今は、バイトしかないし収入が低く生活に影響が出るよ」

と言われた。

しかも木材工場の条件はかなり良かった。

私は条件を付け、了承した。

それは、

1.残業は出来るだけしない。
2.土日祝日出勤はしない。
3.会社での出来事を隠さず報告する事。

もともと工場の人に回されている事は知っていたので、今更SEXはしない・・・なんて言えない状況だった。

<会社での出来事報告>

・会社初日、社服が支給された。

透けるシャツに黒のタイトスカート(股下15cm)そして、一応上着(ピチピチだった)。

一応仕事内容は事務職で、予算から雑用まで色々(性処理)だった。

1日1人2回は妻の穴を使用していた様だ・・・と言う事は5人の従業員なので10回はやる計算になる。

・1週間後、重要な仕事を与えられたと報告があった。

その日、妻が何時もの様に仕事をこなしていると、お客さんが来社した。

それは材木を購入している大手企業の社長であった。

工場の責任者と一緒に工場内を見学しその後、事務所で打ち合わせが行われた。

しばらくして社長:

「君が言っていた事は、本当なんだろうね!」

と言った。

責任者:「はい任せて下さい。では、さっそく」

と言うと、妻が呼ばれた。

責任者:「社長の相手をしなさい!社長の言われた事に拒否はするな!」

そして、責任者が事務所から出て行った。

社長に服を脱がされ、社長のち〇んち〇ん(長さ20cm太さ5cmと大きい)を舐め、マンコに入れられた1時間位して責任者も戻って来て、社長は帰った。

責任者:「今後も頼むよ!会社は君の体にかかっている」

それから、3回/週社長が来社した。

・1か月後、責任者から

「社長が君を気に入っている。今度、社長と旅行に行って貰えないか」

と言われた。

私との約束もあるで、相談され毎日状況を聞いていたので、状況報告は忘れるなと言いOKした。

北海道に社長の別荘があり、そこに1週間の予定で出発した。

そこは、森が生い茂る中に、点々と数件の別荘が建っていて、声を出しても誰も気づかない様な場所だった。

着くなり全裸となり1日中社長のち〇んち〇んを口にマンコにアナルに入れられ続けた。

その夜、

「車で高級料理を食べに出かけよう」

と言われ、社長の用意した服に着替えさせられた。

それは、チャイナ服で、

「下着はつけるな」

と言われた。

料理店では時より足で、股を探られドキドキして料理の味がよく分からなかった。

続きを読む

鹿児島の熟女マダムのエロSEX体験談

俺は現在西九州在住・・・・。
台風が鹿児島の南に来ていてたが、海の様子をみて、午前中いっぱいなら西九州の波はまだ大丈夫だな・・・と確認し、近場の海へ潜りに行った。

狙いはサザエ・・・。一応地元で顔も利いているので漁協の連中も文句も言わない。ただ現地は岩が多いのでエントリーが大変なので、この海で潜るのは地元の漁協と俺ぐらい。

朝9時頃より素潜り開始、岩場で危険なのでスイム・アンダーウェアは上下に着、その上にこの5mmのウエットスーツ、グローブ、ブーツ、フィン、マスク、シュノーケル、ダイビングナイフ、ダイビングウェイトを羽織って昼近くまで、サザエ収穫に熱中!

昼近くに波が荒くなって来て、収穫も十分4kg程。岩場に戻って、帰り支度をしょうかと思ったら、思いもよらず1,2歳の子供を二人連れた奥様と思しき方々が三人・・・。

俺は今日みたいな台風前でこんなところ誰もこないだろうと思っていたすぐ横、そこは普段は、その場所を訪れた釣り人たちに少しの憩いために、地元住民が岩場をならして土を入れ、芝生が少し植えてあるところ・・・。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ