淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

一宮市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

親友のママが若くて美人の人妻だった

友達っていうは小学校からの親友で、お互いの家にちょくちょく遊びに行くほどの仲だったんだけど
その友達のママがすげえ若くて美人の人妻だった
十台で友達を産んだから若い、優しい、童顔、そしてなにより童顔に不釣合いなでか乳
毎日のように遊びに行っていた俺が思春期を迎える頃にはもうそのおっぱいに興味津々だった

中学に入ると友達がスラムダンクの影響でバスケ部に入部したため
部活がない日にそいつの家に遊びにいってだべるのが習慣になっていった
俺は所謂帰宅部だったから普段は家に直行して妄想とチ●コを膨らませるのが日課だった
中学三年間は大したこともなく、彼女もできず、結局友達といっしょに普通の公立高校に進学した
続きを読む

ソープランドに行って童貞捨てろと言われてていた自分が、 二十を迎える一週間前に人生初の彼女が出来た。

人生で初めての彼女が出来た。

今でもたまに会う小学校からの友人達には、
お前は絶対彼女が出来ない。
二十の誕生日の日に俺らが金を出し合うから
ソープランドに行って童貞捨てろと言われてていた自分が、
二十を迎える一週間前に人生初の彼女が出来た。

友人達の言うように、
自分も彼女が作れるとは夢にも思わなかった。

ブサイクで、その上髭が濃く、
朝剃っても昼前には顎当たりが青くなってくる。

そして女性の前に行くと全く会話が弾まないし、
何を話せば良いのか思いつくない。

大学に入学しても、
まわりは浮かれた雰囲気なのに、
私だけ一人ポツンの一人ぼっち。

当然ながらサークルにも勧誘されず、
淡々と決してテレビドラマでは描かれない
暗くひとりぼっちの大学生活を送っていた。続きを読む

ドライブから帰って家で義父と二人でビールを飲むのが日課になりました

私が池袋で働いているとき、今の主人が店に来て知り合い、私がヘルスで働いていたことを絶対に言わないことを条件に結婚し主人の田舎に嫁いできました。

主人の実家はド田舎で、老人が圧倒的に多く若い人たちは就職で都会に行きます。

やがて子供ができて(残念ながら私は2回失敗していますので最初のこではありません。主人は知りません。)子育てと地元にもなれた頃、主人の浮気が発覚しました。

浮気の理由が、私にあり最近色気や若さがなり、子供ばかりに気を使っているというもので到底理解できませんでした。

しかし、私は東京の家族はバラバラで帰るところもなく悩んでいましたら、義父が「40歳にもなろうとしている息子のことで申し訳ない。あの世の家内の泣いている。孫のこともあるし、良かったらここで暮らしてくれ。応援はなんでもする。頼む。」と両手を着いてお願いされましたのでそのまま暮らしていました。

それから主人は、私を避けるようになり、毎晩仲間(ここは嫁が来ないので暇な男ばかり)と酒ばかり飲んで、土日は早朝から魚釣りばかりするようになりました。

私達の生活を見かねた義父がドライブに誘うようになりました。有名なお寺や、遊園地、動物園、温泉、博覧会いろんなところに連れて行ってくれました。子供も大変喜んでいましたが、私も誘われるが楽しみでした。

ドライブから帰って家で義父と二人でビールを飲むのが日課になりました。

義父は物知りで町でも幾つもの肩書きを持っていて、土地をガソリンスタンドや農協・漁協、ファミレスなどに貸したり収入は計算できないほどです。背は主人よりも高く、気品があり59歳には見えません。

やがて私は、義父を一人の男性としてみるようになっていました。ドライブをしているときは、恋人か夫婦のような会話になっていました。
続きを読む

愛知県一宮市の熟女マダムのエロSEX体験談

幼なじみのKは幼稚園の頃から仲良しで、自分の母親とKの母親も仲が良かった、
いつも幼稚園が終わると四人でお茶をしたり 買い物も一緒にいったりしていた。
そんな楽しかった日々も過ぎ あっというまに中学生三年生になった。 
久しぶりに友人Kと遊ぶ事になり 家にお邪魔した。
母親も前と変わらず美人で細く 幼稚園時代の頃の話を三人でしていた、気づいたらもう七時過ぎになり
家に帰ろうと思ったがKにせっかくだから泊まっていきなって誘われて Kの母も笑顔で泊まっていけばーって
言ってくれて 自分の母親に連絡をし、泊まらせてもらう事になった。 Kの父親は国際的な仕事をしていて家にいることが少なくKの母も寂しそうだった。続きを読む

愛知県一宮市の熟女マダムのエロSEX体験談

368 えっちな18禁さん[sage] 2013/11/02(土) 23:41:59.37 ID:0enUDV2m0
ある日の飲み会の帰り、お腹の調子が悪くなり、駐車場近くの公園のトイレに入った。
暫くして隣の女子トイレから、隣の女子トイレから男女の話し声が聞こえ、暫くして女性の喘ぎ声が聞こえ出した。
そこのトイレは、仕切りと天井の間が数センチ開いており、声や音が良く聞こえる。
「深夜に、何してんだ。こっちは調子悪くて苦しんでるのに。」と思いながら聞いていた。調子も良くなりトイレから出たら男性と鉢合わせ。
暫くして出てきた女性が、同じ職場の葉子さん(49歳)だった。僕の顔を見るなり
「これは。この事は。・・・・」と必死の言い訳をしてくる。洋子さんの旦那さんは、僕の知り合いで今一緒にいる男性は別人。明らかに不倫か浮気のどちらか。
僕は、洋子さんのことが好きだったので、何も言わずにその場から立ち去った。 
続きを読む
カテゴリー
メッセージ