淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

加古川市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

最後に激しく腰を振り、溜まっていた精子をアナルに全て出しました

今月初めに、45才の不倫相手(24才年上)に会ってきました。

夕方にホテルで待ち合わせ。

コンビニに行ってお菓子と飲み物を買ってから彼の部屋へ。

うちは黒の膝上丈のコートを着ていました。

その中身は自前のメイド服・下着とはいえないほど布がないエッチな下着・ストッキングを着て行ったんです。

周りから見るとコートから脚しか見えないので、露出魔的格好だったと思います。

ホテルの部屋に入りコートを脱ぐと、彼はコートの中のメイド服を見るなり凄く興奮してくれました。

彼にメイド服の上から乳首を練り上げられ、口から熱く甘い吐息が漏れます。

「はぁっ…ぁ…ああ…んっ」

濃厚なキスをし舌を味わうように絡ませあい…私はもう快感で理性が飛んでました。

そしたら、仁王立ちする彼に

「舐めて」

と言われ…彼の前に跪き、彼の顔を見ながら、竿の裏筋…先っぽ…頭だけをちょっとずつ口と舌を使い奉仕をして彼を焦らしました。

すると、彼が私の頭を持ち腰を振り…イマラを始めたんです。

むせないように、歯が当たらないように、舌を絶妙に動かしながら彼の腰の動きに合わせ頭を振っていました。

ある程度すると彼に体を持ち上げられ、ベッドに倒されました。

パンストを脱がし…私をマングリ返しにし…穴の開いたティーバックから割れ目を見たと思ったら…固くなったモノをいきなり入れてきたんです。

正直ちょっとビックリしましたが、急にくるのも快感でした。

「…き…たあ…////」

「いじらなくてもヌルヌルだよ」

「ァッアアッ…きもちぃん…」

私の反応を楽しむように彼は激しいピストンをし時折中をかき回していました。

そしたら彼は

「どこに何されてるか言えよ」

と言いながら奥を突き上げ始めました。

「おま…アッアッアッ…おおまんこ…っ…槌田さんのっん…おち……んちんで…ァッ…つきあげ…られて……ましゅう……」

「こんなに締め付けて…気持ちいのか?」

「しゅ…しゅごいい…アアッ…きもっ…きもちぃい…ですう…」

「真実は変態だな」
続きを読む

バイト君が妻に愛撫をしてきた。妻はバイト君の愛撫に身を任せ、されるがまま。足を頭の方まで持ち上げられ、オマンコとお尻の穴を舐められる。

「ねぇ、ちょっと聞いてくれる?」
うちの寝取られは、妻のこの言葉で始まりました。
私43才、妻の翔子45才の夫婦です。
昨年の春先に会社の飲み会があり、パート勤めをしている妻も呼ばれ、飲んで帰って来た時の言葉でした。
「何かいいことでもあったのか?」
「聞きたい?」
「何?何?」
「会社の人達と飲んでいて、ビールを飲み過ぎちゃって、お手洗いに行ったのね、そしたらさ…教えない」
「アホか!そこまで言っておいて!!」
「アハハハ。うそよ。トイレの前に、バイトの男の子が居て2人で暫く喋っていたの。そしたらその子に告白されちゃってさぁ。私もまだまだ捨てたもんじゃないのよ」
妻は、若い男に告白されたことで上機嫌でした。「で?どうするの?」
「そうね…どうしようかなと思って…どうやって断るかな…」
「断るの!?もったいない」「だって、あんなに若い子なのよ。子供達と同じかちょっと上くらいだし…」「デートくらいしてやれよ」
「考えてみる」
私は久しぶりの他人棒かと興奮していました。

あんなに迷っていた妻とバイト君が初デートをするのに、そうそう時間はかかりませんでした。
初デートは昼間ランチをしたり、ショッピングをしたりということで、私の期待するようなことは何もありませんでした。その後も妻とバイト君は、デートを重ねていき、5、6回目の頃は、肉体関係はなかったものの、キスと胸までは触らせていた様でした。
そして、雨が降り続いていた梅雨時、妻から
「あのね、再来週あの子の誕生日なのよ」
「ふーん。そうなのか?」私は興味がないふりをします。
「それでね、泊まってもいいかな?」
「ああ、かまわないよ。ついに一線を越えるのか?」「んんん…。あの子の前で裸になるのは、ちょっと抵抗があるし…。でもあんな若い子に、いつまでも我慢させるのは可哀想だし…」
「あいつもお前とやりたいのか?」
「きっと…」
続きを読む

嫁の実家で義母のエロSEX体験談

正月に妻の実家に行ってきた。
実は年末にベロベロに酔って、お義母さんと挿入寸前までいったものの、妻が起きてきたせいで生殺し状態になってたのだが、今回はお義父さんが二泊三日で長野にスキーに行っていたので、もしかしたらと期待していた。
夕飯を食べながら酒を飲んでいると、酒に弱い妻が九時ごろにもう寝ると息子と二階に行った。
その時点でお義母さんもベロベロだったが、ソファーの隣に座ってキスをするとお義母さんも俺のチンコを触ってきた。
俺も負けじとお義母さんのスウェットパンツに手を入れると、声を押し殺したような吐息が漏れてきたが、年末もここまではいっていたので、正直なところ初めてお義母さんのおまんこを触った時ほどの感動はなかった。
お義母さんが受け入れてくれたことが分かったので、今回こそは邪魔をされないよう、トイレに行ったついでに二階を確認する。
妻と息子はグッスリ寝ていた。
リビングに戻るとお義母さんは虚ろな感じでテレビを見ていた。
俺が下を脱ぐとお義母さんも黙ったままスウェットパンツを脱いだ。
二人とも下半身が裸、というところが妙にいやらしい。
ホットカーペットに寝かせて、そのままお義母さんの濡れたおまんこに挿入する。
いつも某市役所で女課長としてキビキビ働いているお義母さんが、義理の息子の前で淫らに股を広げ、されるがままに緩いおまんこに生チンポを受け入れている姿に興奮した。
元々50代の熟女なんてストライクゾーンではなかったはず。
でも近親セックスに興奮したのかも…などと考えながら、お義母さんの中をハメハメしているとイキたくなってきた。
そのまま突くのを早め、イク寸前でおまんこの一番奥まで突きそのまま中に出した。
チンポを抜くとお義母さんのおまんこから白いものがいやらしく垂れてくる。
お義母さんは小さく「アァ…」と吐息を漏らしながら、だらしなく脚をひろげたまま、恍惚の表情を浮かべていた。

兵庫県加古川市の熟女マダムのエロSEX体験談

小学校で担任をしている。仕事で知り合う相手は当然、子どもの保護者。
最近は色んな事情を抱えた家庭が多い。母子家庭なんて珍しくなくなってきた。
今年、担任している男子の家庭は離婚を前提とした別居状態になっている。
母親は看護婦。一人でアパート生活をしながら、仕事の合間に食事を作りにいくだけになっているらしい。
父親と生活しているその男の子は、なにかにつけて体調不良をうったえる。そして母親に連絡をしてほしいと懇願してくる。
その子は母親との接点を必死に求めていることがよく分かる。
頻繁に体調不良をうったえるの事が多くなった頃の休日、母親の携帯に連絡した。
母親の住むアパートの近くにある喫茶店であって話すことになった。
母親の名前は良子、年は32歳、細身で色白、かわいらしい顔である。
会ったときには思い悩んだ表情を浮かべていた。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ