淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

福岡市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

人生初で高級人妻熟女風俗に行ってみたが

1:2014/08/17(日)20:18:04 ID:
勃たなかった…
2:2014/08/17(日)20:19:06 ID:
馬鹿じゃねぇの
3:2014/08/17(日)20:19:32 ID:
勃たせることもできないとは
どこの風俗だ!
4:2014/08/17(日)20:19:38 ID:
女がはずれ。
続きを読む

会社の50歳の人妻熟女に告白したらふられた

1:2014/06/18(水) 22:19:36.19 ID:
50歳ぐらいのババアだけど試しに告白してみたら
気持ちは嬉しいんだけどって言ってフラれた。
あの婆まじ気持ちわりぃ
23:2014/06/18(水) 22:40:09.29 ID:
>>1
まあやめることはない
仕方ないやん、好きなもんは
普段通り過ごせよ
24:2014/06/18(水) 22:40:52.63 ID:
>>23
いやそれとは関係なしに辞めたいだけ
27:2014/06/18(水) 22:41:58.26 ID:
>>24
かんけーねーのかよ(笑)
続きを読む

貞淑な人妻だから面倒見てやってたが清楚な奥様は使い捨て

目の前に止まった黒塗りのクルマから降りたのは、裏の賃貸マンションに住む奥さんだった。
30代後半くらいの清楚な美人で、俺もいつかあんな奥さんをもらいたいなと憧れていた。
黒塗りのクルマは白い手袋をした運転手と、後ろに誰かが乗っていたが窓が黒くて見えなかった。
奥さんは俺の顔を見ると慌てて走り去った。
通学途中で今度は黒塗りの車に乗り込む奥さんを見たので携帯のカメラで撮影した。

今日は休講になったからブラブラしようと外に出たら、奥さんと鉢合わせした。
黙り込む奥さんに、携帯で撮影した映像を見せて、
「このクルマに乗って、どこに行ったんですか?」
奥さんは俺を俺のアパートのほうへ押し出したので、俺は奥さんの手を引いてアパートへ引き入れた。
「何でもします。だから、このことは…」
「あの人誰なの?」
「主人の会社の社長さんが昵懇にしている県会議員さん…」
だいたい察しがついた。

俺は奥さんに、一回セックスさせてとお願いした。
奥さんがシャワーを使っている間にビデオカメラをセットした。
奥さんは細身で綺麗な体をしていた。
アソコは人妻らしくドドメ色だが、中身はピンクだった。
気が済むまでな舐めて舐めて舐め続けた。
感じて喘ぐ奥さんの艶かしい声に、破裂しそうなイチモツを生で突っ込んだ。
「ヒャア…ン…カタイ…アフウ…」
清楚美人の奥さんが快感に喘いだ。
なるべくビデオに奥さんの表情や結合部が見えるように工夫した。
フィニッシュはいくらなんでも中はまずいので、奥さんの胸にドピュッと出した。
奥さんは、精液を拭き取ったらそそくさと身支度をして帰っていった。
続きを読む

それがすごく気持ち良くて、私は何度も逝き、1回で終わるかと思うと、先輩のが口に入ってきて、再び大きくなると、また私に入ってきました。

私が今の夫と付き合う前の事です。
当時同じ職場だった夫が私に片思いをしているのが分かっていて、私は8つ年上の地元の先輩に相談をしていました。
その先輩は昔から私の事を親身に考えてくれていて、私は男性としても尊敬できる先輩で、実は一人で慰める時は先輩を思い浮かべてもいました。
ある日、私は夫からのアプローチが凄くて、悩んで、1人で飲みに行き、途中から先輩を無理やり電話で呼び出してしまいました。
先輩は私を見つけると、勝手にお会計を済ませて、私を店から連れ出しました。
自分でも分からなかったのですが、足元がフラフラで、一人ではまともに立てませんでした。
先輩は私を自分の車に乗せると、自宅まで送ってくれ、当時の私は実家の近くに一人暮らしをしていたのですが、部屋に入れてくれると、水まで飲ませてくれました。
そこまでされても、私は先輩を強引に涙まで流して引き留めてしまったのです。
先輩はとりあえず車を止めに近くのパーキングへと車を移動したのですが、
その間も私はずっと先輩の傍を離れませんでした。
そして、先輩に添い寝をしてもらいながら、話を聞いてもらっていました。
疲れていたのか、酔っている私よりも先に先輩が寝てしまうと、私はほんの悪戯心から、先輩のズボンのチャックを下し、手を入れて、モノを出してしまいました。
まだ萎んでいるのに、工夫すれば入るかのような大きさで驚きました。
私はそれを片手で持って、ブラブラと遊んでいると、先輩は寝ながらも手で払いのけようとしていました。
私が咥えると先輩の手は私の頭に乗り、押さえつけるような感じになりました。
しばらくしてから、先輩は寝ているにも関わらず、自分からズボンとパンツを下してしまったのです。
私は先輩がなんだか可愛くなってしまい、丁寧に咥えたり、タマタマも舐めてあげました。
私は自分で服を全て脱いで、先輩のシャツも捲って、さらに悪戯のつもりで、体中に舌を這わせていました。
先輩はまだ起きている様子はなく、私は先輩の手を取り、自分の股間に当てて、
先輩の指を自分のクリに当てました。
でも、もうその時には私は濡れてて、先輩の指が少し曲がったのと拍子にするっと私に入ってしまいました。
私は先輩のを再び咥えて大きくすると、自分から跨って宛がい、入れてしまいました。
続きを読む

男は私の身体を至福の楽園まで投げ上げると、快楽を楽しむ間も与えずに絶望の淵に突き落としました

朝方電話があり、近所のコンビニからでした。
旦那が昨日夜中にコンビニに来てそのとき財布を落としていったから取りに来て欲しいという連絡でした。
そう言えば朝財布が見つからないと言って、あちこち探していたのを思い出しました。
私がどこかにかたづけたと決めつけられ、勝手にかたづけるなと怒鳴られました。
自分で落としたくせにと思いながらコンビニに財布を取りに行きました。
財布を受け取って家に戻ると、一応中身を確かめようとクレジットカードを一枚づつだして調べました。
一枚だけ見慣れないカードを見つけました。
どうせレンタルビデオ屋のカードだと思って、気にもしてませんでしたが捨てる訳にもいかないので、旦那の部屋のパソコンの前にでも置いておこうと思いました。
しかし、部屋に入ってパソコンの前に置いてよくよく見ると、どうも怪しい会員証に見えました。
電話番号が書いてあったので、さっそく電話して見ると、受付の女性の声が聞こえました。
「あのどうゆう店なんですか」と何も考えもしないで聞いてみると、「あ、内はお客さんの身元みんな確かめてますから、だいじょぶですよ」
「普通の人妻の方でも安心してご入会できますから」と返事がきました。
どうやら、人妻も入会するクラブというのでこれはどう考えても怪しいとぴんと来ました。
「あの、私でも入会できますか」と聞いてみると、「あ、会員の方の紹介がないとだめなんですが、あと身元がわかる運転免許証とかも必要です」と明るい声の返事がきました。
私は「じゃ、これから行きますから」と言って電話を切りました。
免許を取ってから一度も車に乗っていない、免許証も役に立つことがあるんだと思い、免許証を引き出しの奧から探すと、教えられた場所に行くことにしました。
池袋の裏手にはいると、小さい路地の奧にマンションがありその裏に小さなビルがありました。
「さっき電話したんですが、それでどんな風になってるんですか」とさりげなく聞いてみると、
「うちは人妻専門のセリクラなんです、セリクラってご存じですよね、女の子競売にかけて、男性が競り落とすというあれですが」
「うちでもらうのは、競り落とすところまでで、あとはお客さんが交際したいなり希望があれば、あとはご自分でやってくださいね」
「うちではそうゆうことはやってないので、あくまでも紹介だけで、デート一時間分のお金もらうだけですから」
「そのあとは、まあ相手が気に入らなければそのまま帰っていただいて、一日何度でも競りに来て頂いてかまいません」と慣れた様子で説明をしてくれました。
「会員の紹介がないと、だめなんですが、誰のご紹介ですか」と聞かれて、私は旦那の会員証を見せました。
すると、デジカメで顔写真を撮ってそのままプリンターで会員証を作ってくれました。
女性は無料だというので、お金もかからずほっとしました。
旦那がこの店に来ると言うことは、旦那が人妻を誰か競り落として、しかも、どっかの近くのラブホテルにでも行っているのには間違いないと思いました。
私は、「また今度来ます」と言って店をでました。
翌日礼子さんから電話がかかってきていろいろと話しをしているうちに旦那の話になって、「うちの旦那セリクラに行ってるの、私も会員になってるのよ」とうっかり話してしまいました。
すると、「旦那がセリクラに行ってるとき、こっそりセリクラに行って、自分の嫁さんがセリクラに出てるの見たら、やっぱ即離婚かしらね、これは離婚したいときは便利ね」と言い出しました。
私は考えてみればそれもそうねと納得しました。
「私もちょっとそのセリクラとか言うの行ってみたいんだけど紹介してくれる」と礼子さんに言われて、私は翌日二人でまたセリクラに行きました。
今度も旦那の会員証を見せて旦那の紹介だということにしました。
礼子さんはできあがった会員証を見て嬉しそうにしていました。
帰ろうとしてビルの出口から出ようとすると、ちょうど外国人の二人連れに話しかけられました。
礼子さんが英語で何か話すと、二人はビルの中に入っていくのが見えました。
「ねえちょっと、今の二人セリクラの場所聞いたのよ私に」と勢い込んで礼子さんがいいます。
「格好いいわよねあの二人、私あの二人に競り落とされたい、それしか知り合うチャンスないんだわ」と言って、私の手を引いてさっきのセリクラに戻りました。
ちょうどさっきの二人組の外人が受付で手続きをしている所でした。
英語が通じないらしくて、礼子さんが通訳してようやく会員になれたようでした。
二人が奧に入ると「ねえ私二人に私たちを競り落とすようたのんどいたから、オッケーだって、ね一緒に来てくれるわよね」と礼子さんがいいます。
私は仕方なく、セリに礼子さんと出ることにしました。
案内されて中に入るとまた細い通路を曲がりくねって進み、小さな待合室につきました。
待合室には椅子が数個おいてあり、その正面は大きな鏡でした。
「お待ちかね、今夜の人妻は、名門女子大出身で、遊びたいお金も欲しいという欲張り二人組、しかもレズときたら答えられませんね、二人一緒に落札していただきましょう」とマイクの声が遠くから聞こえてきました。
セリは白熱した様子で私たちの競り落とされた金額は15万でした。
礼子さんと私は、さっきの外人二人が競り落としてくれたものとばかり思って、出口で待ちました。
しかし、私たちを競り落としたのは田舎からでてきたばかりの様な中年の男性二人組でした。
礼子さんは「私帰ります」と言ってドアから出ようとしました。
しかしそばにいたドアマンの男性がすばやくドアを閉めて出られないようにしました。
「うちのシステムでは、競り落としていただいたら、必ず一時間はおつきあいしていただくことになっております」
「そうしていただかないと、紹介をしていただいた会員の方にご迷惑がかかる事になりますが、よろしいですか」と半分脅すような口調で係の女性に言われました。
私は旦那に報告がいったらまずいと思い、なんとか礼子さんを説得しました。
「もしかして、テクニック抜群のものすごい精力家かもしれないし、そしたら、絶対損するから話しだけでもしようよ」と言ってみると、「それもそうね、すごいドスケベそうだしね」と礼子さんも納得してくれました。
私たちは近くのゲームセンタに連れて行かれました。
螺旋階段で一番上の階に上ると小さなテーブルがいつくか置いてあり休憩できるようになっていました。
壁際には自動販売機がたくさんならんでいて、男達は好きな物を飲めとお金を渡してくれました。
私が適当に選んでと礼子さんに言うと、礼子さんはファイブミニの瓶を二つ買って一つを私に渡してくれました。
男の一人が「このファイブミニの瓶はどうしてこうゆう形になってるのか知ってるか」と言います。
「飲みやすいようにでしょう」と礼子さんが答えると、「もちろん口に入れやすいようにだぜ、入れやすいだろう先が細くて、それで根本が太いと、どこに入れるのか教えてやろうか」と男が言います。
すぐに男が始めたのはエッチな話しでいわゆる下ネタだと私は気が付きました。
すると礼子さんは、「学生の頃はよく使いましたよ、彼氏がいないときとか、もう必需品ですね」と調子を合わせて笑いました。
私はどうにか楽しい会話が始まってほっとしました。
男達はそのあとつぎから次へとエッチな話しを続けましたが礼子さんは平気な顔で受け答えしていました。
もうそろそろ一時間というころに話題は女子高生がパンツを脱いで売る話しになり、「いまパンツ脱いできたら買ってやるぜ」と男が言い出しました。
「高いですよ一枚5万ですよ」と礼子さんが言い返すと、「あ、じゃ買った、ほれ二人で10万」と言いながら男達は財布を出してお金を数え始めました。
パンツが一枚5万と聞いて私と礼子さんは顔を見合わせました。
「私脱いでくる」と礼子さんが言うので私たちは二人でトイレに行きました。
トイレから帰ってきて脱いだばかりのパンツを男達に渡すと二人は、金は下に下りてから渡すと言って、席を立って階段を下に降り始めました。
私たちが慌てて男達の後を追うと、階段の前で足がすくみました。
急な螺旋階段は下から見上げるとスカートの下は丸見えになる角度でした。
男達が下に降りていくと、私達はようやく事の成り行きに気が付きました。
一番上の階から男達の待っている一番下の階まで、螺旋階段をゆっくりと降りながら、膝が震えだし腰から腿のあたりが小刻みに痙攣してきました。
とても下まで降りられないと、私は階段にしゃがみ込みそうになりながら必死で歩きました。
男達は大きな「声で早く降りてこい」と催促しました。
私はつま先から、頭のてっぺんまで震えだすと止まらなくなりました。
ようやく私達が階段の下まで降りると、礼子さんは目にいっぱいに涙を溜めていました。
ゲームセンターを出るとすぐにタクシーが待っていました。
「どうだ、これからいい所つれてってやるぜ、いやならいんだぜ」と言われて、私達はも逆らえませんでした。
礼子さんは慣れた様子で、運転手の隣の助手席に座りました。
男が一人先に後ろの席に乗り込むと、私は背中を押されて中央に座りました。
すぐあとからもう一人の男が席に着きました。
男が告げた行き先はラブホテルのようでした。
男の手が私の膝に伸びると、私の膝頭の感触を楽しむように動き始めました。
微妙な感覚に、私の膝が震えると、男の指先はさらに大胆に、巧みな動きを始めました。
思いもかけない感触が私の体の芯から広がり、泉のように溢れだしました。
頭の中まで、熱い奔流が流れこみ、私は半分夢のなかにいるかのように体が重くなりました。
やがてタクシーはラブホテルの建物に入りました。
中に入ると部屋の真ん中には丸い形をした大きなベッドがありました。
ベッドの上には、薄紫色のレース模様のシーツがかけられていました。
部屋全体が紫色の照明で薄暗くてらされていました。
男達は私と礼子さんに服を脱ぐように命じました。
私たちは言われたとうり二人とも服を脱いで、ベッドの上に並んで寝て男達を待ちました。
男達は冷蔵庫からビールを出していっぱい飲みながら服を脱いでいました。
どっちにすると、男達は相談しているようでした。
礼子さんは不安そうに天井のシャンデリアやベッドの周りの鏡を見ていました。
やがて、男達は私と礼子さんの両脇に腰を落として座りました。
礼子さんは覚悟を決めたように膝をたてて足を広げてると目をつむりました。
私の上に男がかがみ込んできました。
欲望の儀式が始まる予感が、私の身体を襲いました。
私の身体を包み込んだ欲望の渦は、すぐには激しくならずに、私の感触を楽しんでいるようでした。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
今誰が私を支配しているのか、それだけが私の涙を誘う喜びでした。
激しい渦の流れに私の体は飲み込まれ、体ごと深く沈み込んで浮き上がる望みもなくりました。
私に許されたのは、望みを捨てて従属する快感に身をゆだねることだけでした。
支配者が最後の快楽の時を告げるのを待つしかもう望みはなくなりました。
男は私の身体を至福の楽園まで投げ上げると、快楽を楽しむ間も与えずに絶望の淵に突き落としました。
カテゴリー
メッセージ