淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

岡山市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

社員旅行で中出しレイプされた人妻のエッチ体験

私は32歳で結婚しています。
夫29歳、長女6歳小学1年生で平凡ながら幸せでした、あの日までは。

私達夫婦は共働きをしています。
夫は金融関係のディーラーで私は建設会社の事務をしています。

あの日は一泊二日の社員旅行の日で、私は子供がいるから今まで参加しなったのですが、
今回は夫も息抜きで行ってきたらと言うので参加しました。

場所は熱海の温泉で、全部で40人で男32女8でした。
宴会も終わり、各自部屋に戻りました。
私は少し酔っていたので寝ようと思ったのですが、寝付けず下のバーで飲み直しました。

そこには課長と営業の木下さんがいて、3人でくだらない話、仕事の話をしながら飲んでました。
課長はそこで寝てしまい起こしても駄目なので、お店の人に任せて、私と木下さんはお会計を済ませ出ました。
続きを読む

アラサーのセフレに「結婚しよう」と囁きながらセックスしたら中出しさせてくれた体験談

1:2014/06/13(金) 18:51:55.24 ID:
泣きながら喜んで中だしOKされて興奮したwww

いま着信拒否設定しましたwww
3:2014/06/13(金) 18:54:32.76 ID:
>>2
セフレネタは初だよ
ネタ用に中だしした
4:2014/06/13(金) 18:54:53.85 ID:
セフレに中出し←そもそも童貞
5:2014/06/13(金) 18:56:52.80 ID:
>>4
三十代の女は真剣交際するふりすればすぐ付き合えるよ
続きを読む

この状況で潮吹きとかw 不倫する女は淫乱だなw

妻の直美とは、子供が中学になった頃から、セックスレスだった。 
それでも私は、キャバ嬢とよろしくやっていたし、家庭も幸せな家庭だと思っていた。
それが、偶然見てしまった、妻が若い男達にひどいことをされている動画、、、 それによって、すべてが壊れつつあった、、

私に、ある日突然送りつけられた動画は、妻をオモチャにする、大学生くらいの男達3人が映っていた、、 
妻は何かで脅されてレイプされている、、、 そう思っていたのに、妻は積極的に快感をむさぼっているように見えた、、、

ただ、どちらにしても、この酷い状況を変えなければいけない、、 そう思った。 
でも、直美も含めて、誰かに動画のことを話したら、ネットにばらまくと警告されている、、、
ネット拡散の恐怖は、過去の色々な流出事件でよく知っている、、 正直、手の打ちようがないと思った。
そんな苦悩があったが、妻は本当に、信じられいくらい普通だった。あんな目にあっているとはまったく思えない感じだし、乳首やクリトリスにピアスが開けられているなんて、まったく想像も出来ない。 
そんな事を思いながら妻を見ていると、 
『なに? そんなにじっと見て。恥ずかしいよw』 
妻が、照れて笑いながら言う。 
私は、曖昧に誤魔化しながら、 
「明日の映画、楽しみだね」 
と言った。 
『ふふw 本当に、久しぶりよね。楽しみw』 
と、良い笑顔をしてくれた。 
私は、思い切って、動画のことを切り出そうとした。 
妻に話したら、ネットに動画を流すと警告されているが、考えてみればバレようがないと思う。 
妻に話して、二人で解決する方法を考えるべきだ。 
そう思って、話しかけようとしたとき、息子が帰ってきた。「腹へった〜〜〜! ねぇ、ごはん出来てる!?」 
息子が、腹ぺこな顔で入って来て、妻に話すタイミングを失ってしまった。

そして次の日になり、久しぶりに妻と映画に出かけた。 
妻は、歩くときも手を繋いできて、本当に久しぶりに昔に戻った気持ちになった。 
妻ももう40だが、こうやって見ると若々しいし、まだまだイケていると思った。 
私は、正直に妻をそう褒めると 
『へへへw 褒められちゃったw 嬉しいなぁ〜』 
と言いながら、嬉しそうに腕を組んできた。
街を腕を組んで歩く。キャバ嬢の春佳ちゃんとはよくしていた、、、 そんな罪悪感が、頭をよぎる。 
春佳ちゃんは、まだ20歳の女子大生だ。キャバ嬢にしては地味というか、普通な感じの女の子で、キャバ嬢なのにスレてなくて、悪く言えば田舎っぽい子だった。 
なぜか最初から私とは話があい、映画の趣味が同じだったので、デートをして、何度かデートをするうちに、奇跡的に惚れてもらえた。
キャバ嬢のくせに、男性経験が一人だけで、しかも一回しかしたことがない、ほぼ処女の状態の彼女に、私はのめり込み、ハマっていった。 
だけど、それは春佳ちゃんも同じで、セックスがどんどん良くなったようだ。そして、私とのセックスにハマっていった彼女。
こんな風に、キャバ嬢の若い彼女が出来て、私は浮かれていたんだと思う。その結果、妻の危機に気がつけなかった。最低だと思う、、、

そんな自分を反省しながら、妻とのデートを楽しんだ。 
妻は、本当に楽しそうで、ポップコーンを食べながら、よく笑っていた。私にも食べさせてくれたり、本当にラブラブな一日だった。

そして、約束通り、ちょっと小洒落たバルで食事をして、飲んで食べて、たくさん笑った。 
私は、もう春佳ちゃんとはきっぱり関係を断ち、妻とのこんな時間を増やそうと心で誓った。 
『こんなお店、よく知ってたね?』 
妻に言われて少しドキッとしたけど、想定していたので、すぐに 
「会社の若いやつに聞いたからね。でも、来るのは初めてだから、イマイチ勝手がわかんないよ」 
と、よどみなく言った。
顔なじみの店員が、いつものと違う相手と来店した私に、そっとウィンクをした。 
ちょっとドキドキしながらも、妻と楽しく過ごした。

『ホント、美味しかったね〜 また来ようね!』 
妻は、本当に満足したような感じで、この笑顔や、楽しそうな雰囲気からは、とても酷い目にあっているとは思えなかった。 
乳首やクリトリスにピアスを開けられたり、恥丘に入墨をされている、、 悪い夢のような気もする、、

そして店を出て、妻が知っているというバーというか、居酒屋というか、小さな個室がいくつもあるようなお店に行った。 
「へぇ、こんな店あったんだ。この前とか良く通るけど、全然気がつかなかったよ!」 
『ここ、テニススクールで一緒の人が働いてるんだよ。私も来るのは初めてだけど、今日はいないみたい』 
妻がそんな事を言う。 
なかなか雰囲気も良くて、個室なので、カップルがイチャイチャするには良いのかなと思いながら、ワインを飲んでいた。 
そして、個室だと言うことで、秘密が守れると思い、妻に動画のことを切り出そうとして、タイミングを計っていた。 
でも、そこでまた記憶がなくなった。

目が覚めると、まったく知らない広い倉庫みたいな場所で、私は椅子に縛られていた、、、 
口には猿ぐつわをはめられて、後ろ手に椅子に縛り付けられている私、、、 
目の前には、全裸の若い男が5人いて、口にガムテープみたいなモノを貼られた女性を犯している。 
ガムテープで口をふさがれた女性は、男達のうちの一人に、ガンガン立ちバックで犯されている。 
ガムテープで口をふさがれているからか、声も出さずに犯されている女性は、体つきから見て、かなり若い感じだ。

状況がまったくつかめない、、、 
犯されている女性は、よく見るとドロッとした白いもので体中が汚れている。
「オラ、もっと力入れて締めろw 終わんねーぞw」 
腰を振る男が、女の尻を叩きながら言う。 
でも、他の4人は興味がない感じで、たばこを吸ったり、スマホをいじっている。 
そして、4人とも、裸の若い女が犯されているのに、少しも勃起していない。
「そうそうw やれば出来るじゃんw 良し! イクぞ〜」 
男は、楽しそうにそう言って、体を少し震わせた、、、
そして、崩れ落ちる女性、、
「アレ? 起きてるじゃん!」 
男の一人が、私を見ながらそう言った。
「おっ、意外と早く起きたなw」 
「しっかし、寝てるヤツって、メチャ重だな。マジだりーよw」 
「おい、彼氏起きたぞw」
その言葉に、一瞬ドキッとした。犯されているのが、妻だと思ったからだ。 
でも、体つきがまったく違う。
そして、床にへたっている女性が、こっちを向いた。
私は、叫んでいた、、 でも、猿ぐつわで声が出なかった、、、 
女性は、春佳ちゃんだ、、 
私の恋人というか、セフレというか、キャバ嬢の女子大生春佳ちゃんだ、、、
春佳ちゃんは、キャバ嬢のくせに、真っ黒で艶やかな髪の毛が肩まで伸びてて、ちょっと清楚というか真面目っぽい感じに見える。 
そして、野暮ったいというか、まだスレていないと言うか、垢抜けていない感じでちょっと田舎くさい。 
そしてその、ちょっと田舎くさい顔が、涙でグチャグチャになっている、、、
続きを読む

股間からドロリと流れ出る愛液とザーメンがエロさを増幅する。

「じゃあ、今度は足を伸ばしてストレッチいきます」
彩さんは仰向けのまま、安倍さんは彼女の伸ばした足を抱えるように開脚ストレッチ。
さすが女は体が柔らかい。俺だと裏腿の筋が3本くらい切れそう(笑)。
安倍さんが軽く体重をかけると、彩さんが顔を小さく左右に振って「ああぁぁ…」。
ん??と思ったら、これも反対側の脚に移った時に事情が分かった。

安倍さん、体重をかけながら体を支える振りして、
仰向けになった彩さんの胸にごく自然に(?)手を置くと、
指の横腹で水着越しに乳首のあたりを擦るように刺激してた。
広げた股間はといえば、安倍さんが自分の下腹部を押し当てて微妙にグラインド。
そのたび彩さんの口から切なげな声が漏れる。

安倍さんも競泳用水着だったが、ブーメランの前ははち切れそうに膨らんでた。
水着越しにも分かる膨らみで股間を擦られた彩さんは、快感と興奮で恍惚の表情。
体勢だけなら松葉崩しか何かでハメてるように見える。
熟女趣味はないと言った俺も、この光景にはさすがに勃起したわ。

「仕上げに上半身もマッサージしましょう」
彩さんをマットに座らせると、安倍さんが背後に回って肩や腕を揉み始めた。
彩さんはまだ息が荒くて、頬も紅潮してる。
普通にマッサージしたり腕を後ろに回してストレッチしたりしながら、
安倍さんは硬くなった自分の股間を彩さんの背中や肩に押し付ける。
彩さんは嫌がる素振りもなく、うっとりした表情だ。

「水着、邪魔だから肩だけ外しましょうか」
「え…でも…」
彩さんがチラリとドアの方に目をやる。安倍さんは小さく頷くとドアの内鍵をかけた。

これで完全に密室…というか俺がいたけどな。

安倍さんは水着の肩ストラップに手をかけると、手早く彩さんの腕を抜く。
両肩むき出しの彩さんは、恥ずかしそうに下を向いたままだ。
安倍さんは慣れた手つきで腕を揉み上げながら、もう一方の手を彩さんの胸元に。
最初は水着越しに全体を撫でたり乳首のあたりをクリクリしたりしてたが、
やがて指先を水着に差し込み、そのままペロリと上半身の布地をめくり下げた。

あまりに自然なんで、覗いてる俺も「えっ?」って感じだったな。
彩さんも「キャッ」なんて言いながら、水着を直そうともしなかったし。

上半身裸でマッサージ(というか愛撫)に身を委ねる彩さん、
競泳用水着越しにも大きめと分かる胸だったが、実際の生乳も迫力十分だ。
大きさはDかEだと思うが、いい感じの熟れ具合というか、
丸くて柔らかそうなオッパイの先端で微妙な色合いの乳首がツンと上を向いてる。

安倍さんが背後から乳房を揉みながら乳首を指先で摘んで刺激すると、
彩さんも完全にその気になったらしく「ああ…あああぁ」と声にならない声を漏らす。
安倍さんの水着の腹の部分からは黒くて長い棒がニョッキリと顔を出してた。
彩さんは手探りで勃起を握ると、くるりと向き直ってブーメラン水着をずり下げ、テカテカ黒光りする亀頭をゆっくり口に含んだ。

安倍さんのチンコ、何というか…立派だったな。
長さ自体は20センチに足りないくらいだと思うが、太くて人並み外れたカリ高。
しかも角度が凄いし。彩さんもデカい亀頭を咥えるのが精一杯って感じだ。
根元にぶら下がってる玉袋もずっしり重量感がありそうだった。

安倍さんは再び彩さんをマットに横たえると、
手早く水着を引き下げ、サポーターと一緒に脚から抜いた。
彩さんの体のライン、全裸でもきれいというかエロかった。
シモの毛は手入れしてるのか、中央部分に行儀良く生えそろってる。

マット上で抱き合って濃厚なキスを交わす全裸の2人。
さっきまで受け身だった彩さんの方が、積極的に舌を絡めてる感じだ。
安倍さんはプリンのようにフルフル揺れるオッパイを味わいながら、
彩さんの股間に指を這わせる。
「いや…ああん」と悶えながら、自分から股間を指に押し付ける彩さん。
指を出し入れすると、ピチャピチャとエロい音がここまで聞こえてきそうだ。

「ねえ…どうして欲しい?」
安倍さんの意地悪な問いに、彩さんは口を半開きにしたまま顔を横に振る。
にこりと笑った(こっちからは見えなかったが)安倍さんは、
正常位の体勢になって彩さんの両脚をグイッと広げ、そのまま黒い棒を挿し込んだ。
「あ”あぁぁ~」悲鳴にも似た彩さんの声。
この倉庫、プールサイドの事務スペースと反対側にあって、
前を通る人はほとんどいないんだが、それでも外に聞こえやしないか、
覗いてる俺が心配になった。

マットの上で全裸になって股を広げる清楚で妖艶な美人妻に、
巨大チンコを挿入してダイナミックに腰を振る筋肉インストラクター。
他人のセックスを生で見る機会なんてそうないが、安倍さんのは迫力満点だった。

とにかくガタイがあるし筋骨隆々だし、動きの一つ一つが「体育会」。
あれを見たらAV男優なんて、少なくとも見た目は小人のお遊びだな。
彩さんも決して小柄じゃない(163センチくらい)のに、
座位になって激しく腰を上下させながら、首にぶら下がるように唇を求める姿は、
完全に「支配下に置かれた牝犬」って感じだ。
いつもの清楚なイメージからは想像もつかないわ。

座位と正常位でイカされまくって放心状態の彩さん。
しなやかな肢体をくるりと裏返して四つん這いにさせると、
安倍さんは尻を高く持ち上げ、今度は後背位でズブリ。
いや、彩さんのヒップ、白くて丸くて可愛いんだわ。
あれが30代の尻なら、熟女趣味に転向してもいいなと思ったくらい。

ギンギンのチンコを挿し込まれた瞬間、彩さんは「ヒイイッ!」と声を上げる。
両乳房を捕んで乳首を刺激しながら、腰をガンガン打ち付ける安倍さん。
彩さんは泣いてるような笑ってるような、白目を剥いて正気を失ったような表情だ。

「奥さん…イキますよ!」
「来てぇ…ちょうだい!」
確かに正気じゃない。安倍さんが腰の動きを早める。
彩さんはマットに突っ伏すような体勢で背筋を弓なりに反らし(←変な表現)、
「クゥーン」と犬のような声を上げて全身を何度も痙攣させた。
彩さんの尻を両手で抱えたまま、安倍さんの筋肉質の尻がビクンと脈動する。
『うわあ、中出しだよ』俺は激しく興奮しながら感心してた。

それから5分くらい、彩さんは四つん這いのまま精根尽き果てた感じだった。
時間にしてエッチだけなら30分くらい、
マッサージを入れても45分かそこらだと思うが、完全に陶酔状態だったな。
股間からドロリと流れ出る愛液とザーメンがエロさを増幅する。

安倍さんに「さ、そろそろ行きましょうか」と声を掛けられて、
ようやくけだるそうに水着を着けた彩さん。
部屋を出る時に彼女の方から安倍さんに抱きついて、
無茶苦茶エロいキスをしてたのが印象的だった。

俺はと言えば、覗きながらその場で音を立てるわけにもいかないんで、
2人が部屋を出てからトイレに駆け込んで2発ほど抜いたのは言うまでもない。
おかげで引き継ぎに少し遅刻しちまった。

引き継ぎを終えて窓口に入ったら、着替えを済ませた彩さんが帰るところだった。
化粧した顔を改めて見たら、確かに清楚な美人奥様だわ。
いつも通り「お疲れ様でした」とあくまでも事務的に声を掛けたら、
にっこり微笑んで「どうも」と会釈してくれた。
目が少し潤んで、頬が赤かったのは俺の気のせいだろう。

安倍さんはといえば、普段と全く同じように夜のコースの指導に入ってた。
あれだけ激しくハメたら、俺だったら1時間は動けないところだが、
さすがに鍛えてるんだな、と感心した。 
続きを読む

少しの間世間話しするも、俺のチンチンは即入れたいモードで話しは適当に切り上げ、隣のホテルへ

現在、妻子持ちです。

独身時代の中出し体験を報告します。

当時、よくワクワクメールでセックスしまくっていた。

この日も昼から暇女アポ掲示板に投稿後、好みのタイプと体型を条件に登録し、女性のメールを待っていた。

当時は会員数も多かったので、投稿すると30分ぐらいでアポが決まる事が多かった。

地元の某喫茶店で待つ事30分。

目のクリっとした、とても可愛くスタイルのいい女性が登場。

ちょっとお洒落なワンピースに網模様のストックングで美脚。

少しの間世間話しするも、俺のチンチンは即入れたいモードで話しは適当に切り上げ、隣のホテルへ。続きを読む
カテゴリー
メッセージ