淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

札幌市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

仲のいい夫婦仲間3組とスワッピング

今年の夏、本当にあった話です。私は仲のいい夫婦仲間3組と海の近くのコテージに泊まりに行きました。

夫婦3組ともに子供がひとりふたりいて、総勢おとな6人、こども5人という大所帯でした。

 まあ定番のバーベキューやら花火やらで盛り上がり、大人たちは飲みすぎですっかり出来上がり、みんないつのまにか寝てしまったという感じでした。

 私は夜中に強烈にのどが渇き、なにかジュースでもと思い冷蔵庫でコーラを取り出しグビグビ飲んで一息ついたところで周りを見渡すともうみんな雑魚寝状態。おとこどもは何もかけずそのままごろ寝。奥様達はさすが、タオルケットなどをかけて寝ている。

  

 私は妻を探した。妻はタオルケットをかけて横を向いてよく寝ているようだ。私は急にムラムラした気持ちになり、妻のタオルケットにもぐりこみ背中から体をいやらしくまさぐった。

 妻はTシャツ下はジャージ姿だ。私はお尻をさわり、胸をTシャツの上から揉んだ。
続きを読む

熟女と初めてセックスするのだが

1:2015/11/02(月) 16:55:41.323 ID:
避妊準備はおk
ドキドキする
続きを読む

座敷の真由ちゃんの座っている所とパンティが潮まみれになった

去年の12月頃、行き付けのパブに行ってました。

指名した子は真由ちゃん。

黒のドレスを着ていて、後ろは白と黒のブラが丸見えだw俺はなぜか、この真由ちゃんに気に入られている。

小顔でスタイルもまあまあ。

何回か飲んだ時に聞いた話、ドMで酒を飲むと濡れるという。

さらにはクリが感じやすいようで潮も吹きやすいw

ママとか他の子にバレぬようにドレスを下から捲ると白と黒のパンティが御披露目。

更にお尻の方から手を入れおまんこを触ってみると確かに濡れていたw

真由ちゃんはトイレが近いようで、わざと店のドアを閉めてトイレの前で待ち伏せし、トイレの度に濡れ度をチェックしたり楽しんだw

その後コンビニで店が終わるのを待ち、真由ちゃんとその友達と3人で居酒屋へ。

真由ちゃんの私服は上が白のセーターに下がチェック柄のミニスカ。

ドリンクと飯を注文したところで友達の方はすでに酔いが回っていたようで爆睡。

当分起きそうにない。

実質真由ちゃんと2人キリとなった。

飯が届き、店員が離れたのを合図に行って攻撃開始。

ストッキングを膝まで下げながらパンティ越しにおまんこを触ってみるとやはり濡れている。
続きを読む

奥さんはいけなかったようですが、 「今度はしっかりいかせてね・・・」 結局約半年、人目をしのんで楽しみました。

私は大学時代、下宿していました、家主のじじばば、 
その息子と奥さんその息子、で広大な敷地の農家とその敷地内のこじんまりとした母屋に 
つながる6部屋ほどの下宿で、じじばばは農業、だんなさんは単身赴任で北海道、
主に下宿人の世話は若奥さん、毎日見ていても飽きない、清楚で、明るくて、やさしい感じで 
スタイルはやせ気味、胸はほとんど中学生レベル、そしてちょっとアンバランスな大き目のお尻、よくサークルで遅くなり 一人で食堂で冷や飯を食べていると、ノーブラパジャマにカーデガンといういでたちで、またそれを楽しみに遅く帰ったものです。

胸が小さいので安心していたのか、結構つけていなく、興奮させられ、そんなときはダッシュで部屋に帰りおなったものです。 
そんなこんなで3年になったある日、思いっきり酒勢いを借り告白、もちろん好きだと伝えただけで 
、かなりいってしまったことを後悔しましたが以外や以外、 
「私もすきよ、遅く帰ってきてもお茶出してあげるのこういちくんだけなんだから、」 
意外な返事に舞い上がりました。 
ちょうどそのときは夏休み、じじばばは沖縄に旅行、息子は北海道のだんなのところ、 
私が帰省しなかったこともあって、ひとりだけ残っていてくれたようで、 
どきどきしながら2人で母屋の居間でTVを見ていました。

もちろん私は童貞、興奮の絶頂、二人でビールを7・8本開けたところでおくさんが、 
「じゃ先に寝るからテレビだけ消してね・・お話楽しかったわ」 
と言い残し台所へ、数分後お風呂に入る音が・・・・・ 
おそるおそる風呂場に近づくと、脱衣所に鍵もかけないで入浴中思わず私も服を脱いで 
「いしょにいいですか?」 
「こらこら、いいわけないでしょ、」 
「でも脱いじゃいました」 
「恥ずかしいからだめ、すぐあがるから・・・」 
でも我慢できるはずもなく突入、しっかりタオルで胸を隠していましたが、 
待っていた雰囲気「あらあら・・・」 
かなり奥さんも酔っています。結局電気を消す条件で一緒に入浴、 
コチコチになった物を「立派だね~使ったことあるのかな?」 
「ないです」 
「あら、初めての相手が私みたいなおばさんでいいの」 
「ぜんぜんOKっす」その時点で理性ぶっ飛び、 
無我夢中で抱きつき浴槽の中で合体しようともがく私、 
「こらこら」といいながらあしらう奥さん、 
結局お風呂を上がって、裸で奥さん夫婦のベットで。 
あせりまくってなかなか入らないあそこにやさしく手を添えてもらって合体、 
こんにゃくや、手なって比べ物にならないくらい気持ちよく、 
発射、それからも一晩寝ないで4回、奥さんはいけなかったようですが、 
「今度はしっかりいかせてね・・・」 
結局約半年、人目をしのんで楽しみました。 
旦那さんと別れて俺となんてまじめに告白もしてみましたが、 
もっとふさわしい人出てくるからあせらないで・・・・ 
などとあしらわれ学校と奥さんを卒業いい思い出でした。

それでも家で着衣のままの69は最高に興奮すると下着をずらしただけでの生膣深くへの精液注入も美味であった

子供の同級生の美人な母親、美紀。
運動クラブ合宿の時沈んだ顔をしていたので「子供の前では笑顔で」と言う会話から関係が始まった。
バ-ベキュ-や親同士の飲み会で美紀のことがだんだん分かってきた。
旦那の評判や仮面夫婦でDVもありレスらしい。
母親同士の会話はかなり辛らつである。
美紀を食事に誘うことに成功し待ち合わせ場所に現れた人妻美紀は下を向き待っていた。
 
車で横に着けすぐさま車内へ乗り込ませると少し安心したようで
「誰かに会わないかと心配したわ」と少し嬉しそうであった。
ロードサイドレストランでの食事の中で夫婦生活が話題になり美紀はレスとDVを認めた。ついカットしていることを告げてしまった。
ドライブを楽しみ「休んでいこうか」とラブホに誘うと俯き頷いた。


W不倫に興奮しながら美人人妻の体を弄びたっぷりと69を堪能し何のためらいも無く美人人妻美紀の生膣深く生の硬くなっている陰茎を押し込んだ。
「アウッ 久しぶりっ」
人妻美紀に覆い被さり一段と激しく生膣を突き捲るとしがみつき大きな艶声を出し始めた。
屈曲位で激しく生膣を突き捲り「イクッ」
人妻美紀の生膣深く痺れるような快感の中ドクッドックンドックンドクッドクッドックンと多量の精液を初めて注ぎ込んだ。
「アッ イッイイッ~」
人妻は大きく足を開き生膣深く陰茎を咥え込くだまま注ぎ込まれた精液を味わっていた。
不倫は初めてで旦那以外の男性の精液を受入れるのも初めてとのこと。
そして安全日であると。
人妻美紀のフェラから2回目が始まり騎乗位で軽く達した人妻美紀の生膣を屈曲位で余裕の中激しく突き捲り堪能し生膣深く2度目の精液を気持ちよく注ぎ込んだ。
美人人妻は登りつめ息を整えながら
「旦那よりいい」と抱きついてきた。

危険日を見計らい会うことに。
待ち合わせ場所にいそいそと美人人妻美紀が現れ車に乗せラブホへ。
人妻美紀は危険日のためか感度がいい。
大きな艶声を出し続け69で積極的に奉仕してくれた。
両脚を大きく開かせ抱え上げた屈曲位で危険日の人妻の生膣深く硬い陰茎で突き捲くると体を小刻みに震わせてきた。
「おかしくなっちゃうっ~ もうっ ダメッ」
「イクッ」
生膣深くドックンドックンドクッドクッドックンと精液を注ぎ込み始めると人妻は力いっぱいしがみつき
「アウッ ウグッ~ イッイイッ~」
一段と大きな艶声を出し生膣奥で中に出された精液を味わっているようだ。
重なり合ったまま二人は動きを止め危険日の生中だしの余韻を堪能した。
「できちゃうわね」
「大丈夫だよ」
そしてまたたっぷりと2度目の大人の歓喜の時を堪能しあった。

ス-パ-で旦那と買物をしている美人人妻美紀に会った。
「いつも子供がお世話になります」と旦那が声を掛けてきた。
「こちらこそ息子がいつもお世話になってます。」と返すと人妻の目が怒っていた。

美人人妻美紀とは一度もゴムを使うことなく69をたっぷりと堪能し人妻の生膣深く精液を毎回たっぷりと注ぎ込み続けた。
旦那のDVに嫌気がさし触られると鳥肌が立ち愛も冷めた仮面夫婦でレスが続いていたらしい。

前戯で仰け反ることを覚えた人妻美紀は
「頭が真っ白になる」
「こんな体にしたのはあなたよ」
と褒め言葉を口走りながら足を広げ生膣深く注ぎこまれる精液を味わい続けた。
「私の中に注いでくれた回数も量もあなたが一番よ」
「危険日の中だし最高」とまで美人人妻は艶声の中で叫び始めた。
男冥利に尽きる次第であった。

子供の進学準備が始まる頃美人人妻美紀は旦那と協議離婚を始めた。
弁護士が入るとなかなか会うことができなくなった。
それでも家で着衣のままの69は最高に興奮すると下着をずらしただけでの生膣深くへの精液注入も美味であった。

離婚が決まり美人人妻とのW不倫も終焉となった。
妊娠に怯えることなくセックスの官能をたっぷりと味わいつくした美人人妻美紀は手放すには惜しいほど艶っぽくなった。
旦那には申し訳なかったが最高の快楽を味わうことができた。

美人人妻美紀は最高!

カテゴリー
メッセージ