淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

長岡市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

キスを許すと桃子を四つん這いとしてうしろから突き始めた。

初めて桃子を見たとき衝撃が走ったのを覚えてる。
俺は相当の寝とられ好きだが、他の人妻を寝とりその気持の変化をみるのがたまらなく好きなんだ。当然、だんなしかしらなくてしかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけだすのは難しい。
実際顔はどこにでもいるような主婦なのだが、タレントの優香にちょっと似ており、背も150前半と低くかわいらしいかんじで、胸が異様ににでっかいのだ。
俺は長い期間通っていたのだが、桃子はダンナの出張で引っ越してきたっぽく、新しく通い始めたんだ。
初めて見た際の彼女の服装は書道教室にあった地味なジーパン、濃い青色の薄手のカットソーだったのだが、胸はぱんとカットソーを持ちあげており、ジーパンはぴちぴちとチョット大きめの尻を強調していてナンとも言えない30代の人妻の色気がいっぱいだった。
優香をふっくらさせた感じだ。
俺も過去に3人しかあった事がないが、その中でも最も興奮をした最初の人妻の話をしようと思う。
その時あったひとづまの名前は桃子、その頃36歳だった。余談になりますが俺はその時40歳。
ダンナしか男を知らない人妻を犯すことに非常に興奮する。しかもだんなや子供に良心の呵責を感じつつ、だんだん快感に染まっていく女のハートをかんじとるのが非常に好きだ。
はじめまして、とか、どのくらい続けてるんですか、とか他愛もないお喋りだったと思う。ただ、俺の意識は話よりも桃子の身体のエロなイメージや人妻らしい色気に集中していた。

桃子とであったのは、書道教室だった。
ムードはかなりおっとりとしたかんじで、いかにも読書や書道が好きような文学主婦?という感じだ。書道教室は生徒が少なく、同世代は数人しかいないということもあって俺はあった初日に桃子に話しかけられた。
たぶん、ワタシと私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせてるのかもしれない。昼食をとるようになった。

書道教室の時間は土曜の午前中だったこともあり、同世代がわたししかいなかったこともあり、桃子と一緒にたまに昼食をとったり、子供の話をするようになった。
桃子は相当おとなしくシャイで昼食程度でも2人っきりだと人の目やダンナを気にし、尻ごみをするようなそぶりを見せていた。ただ、桃子の自宅から書道教室は遠いのと(車で30分ぐらいかかる)、わたしの押しの強さに負けて書道教室の後、ワタシがさそうと仕方なしに?桃子はTシャツを着ていたのだが、それが少々小さめであり、胸がかなり強調をされていた。しかも、胸の大きい人にありがちだがブラのレースの形がTシャツ越しにくっきりと浮かび上がっていたのだ。その日はなぜか非常にムラムラしていたのを覚えてる。
ランチセットを食べつつ桃子の胸ばかりに注目をしていた。


また、かなり興奮をしてたのでその日はすこしHな話をいやらしくない程度にしようと決心していた。
ワタシは桃子の男性歴をチョットずつ聞いていった。
「旦那が初めての彼なんです。~略~5年付き合って結婚したんです」。わたしはこの言葉を聞いた時、何かどす黒い欲望が身体の中で沸き起こったみたいな感覚を覚えた。勿論、付き合っている時、結婚をしてから他の男とセックスした可能性もある。だが、私は桃子の性格上そんなことは無いはずだと断定をしてた。
桃子と初めて会ってから3ケ月ほどたった初夏に、書道の後に昼食を取りに行った。その際は居酒屋のランチタイムとかいうのに行ったのだが、そこは半個室の作りでありチョット他の席とは隔離をされたような感じがあった。
桃子によると旦那とは大学一年生の頃に出会い、付合いはじめたそうだ。
旦那の身体、ペニス、技しか知らない桃子をおかしてみたい。
だんなのペニスしか入ったことのない美しいヴァギナにわたしのペニス、精液をながしこんでみたい。
何よりだんなに染められた桃子の心を私好みの色に染めてみたい・・・。そう言うぼうがよくワタシの中で渦巻きはじめていた。そして決心してた。この女を犯そうと。

だんなしか知らないんじゃないか、と。そこで桃子に「高校生の頃につきあったことは無かったの?」と聞いてみた。
大学を出て2年たった時に結婚をしたと言っていた。そこで、ふと疑問がよぎった。
少し照明が暗めであり結構いい雰囲気の居酒屋だった。
恥ずかしがったりしてけっこう話してくれない事もあったが。だが、どんなに考えても桃子を上手く犯す考えは浮かばなかった。無理やりするのは嫌だったからだ。しかたなく、直接的にアプローチをかける事を考えた。全てを正直に話し、お願いしようと。失敗したら書道教室をやめればいいのだ。長年通った書道教室をやめるのは少し気がひけたが、それだけ桃子を犯したかった。わたしは桃子の手をつかみ早口でいった。
心底から君を愛していてどうにもならないぐらい苦しい。

露骨にいやな感情を表に出さないのが桃子っぽく、このようなところが好きだ。
私の車で出かけ、その日はパスタを食べに行った。
わたしは続けた「正直な話、うちはもうほとんどなくて・・・」。桃子は笑いをやめうつむいている。
昼食の帰りに車を走らせて、ちょうど良い休憩所が合ったので車を止め桃子に思い切って聞いた。
たぶんこのような話は苦手なのだろう。
「旦那とは仲いいの」。「仲は良い方だと思いますよ」「そうなんだ・・・・・。桃子さんのところは夜はどれぐらいある?」思い切って聞いた。
実行の日、わたしはいつものように桃子を昼食に誘った。
初めて桃子を見たときから好きだった。
なぜかその日は桃子のテンションが高く戸惑ったが、その日彼女がきていた紫のTシャツの胸に目が行き、ムラムラを抑えきれなかった。その日までほとんど下ネタらしい下ネタは話したことがなかった。
桃子はびっくりしたような顔をこちらに向け「えっ」と言ったが、ようやくわたしの言葉の意味を理解したらしく、はにかみながら「そんなこと聞かないで下さいよー」とほほ笑んでいた。
君も旦那しか知らないなんてもったいないだろう、絶対にヒミツを守るからわたしの彼女になってほしい。
お互いパートナーがいるのは分かっている、でも気持が抑えきれない。
どういった事を考えてるのかは分かりかねた。ただ、うつむいているのみだ。
一つに君となりたい、君が愛してくれなくてもいい、兎にも角にも一つとなりたい。
桃子は非常にびっくりをしたみたいな顔で、私から離れるみたいに身体をドアの側にずらした。
こちらをふりかえる事なく降りていった。
わたしは完全に振られたのだろうと思った。

もし断られたら書道教室を辞める覚悟もある。と早口で桃子に告げた。
私は思い切って手をスカートをはいてる下半身にずらして、太ももを触ろうとした。桃子はしばらく悲しそうな顔で触られていたが、やさしくワタシの手をどけた。すこしして、彼女の車が置いてある書道教室の近くに行くと彼女は何も言わずに降りた。私は猛烈に感動をした。また話が桃子とできる。それのみでもうれしかった。ただ、私の心の中としては彼女を愛するというよりも彼女を犯したいという気持ちの方が強かったのは事実だ。

桃子がいる。ワタシはどういった顔をされるのだろうとちょっと緊張してた。だが・・・。桃子はわたしと眼があうと、少し笑いかけてくれた。
彼女に振られた翌週、わたしは書道教室に顔を出した。さぁ、部屋はもうすぐだ。

続きを読む

魔性の女てのはいるんだなと痛感中。

俺26歳、相手33歳。同じ職場で働いてて相手は人妻なんだけどせいぜい28くらいにしかみえない。

ただ結婚してるし年いってるしとりたてて綺麗な方でもないのでひそかに気になってんの俺くらいだと思ってた。

俺が気になったのはとにかく腰回りがエロくて上半身細いのにやたら尻がでかい。後声がロリ声。結構無理矢理な理由つけて飲みにいくことになった。当然俺やる気。

カウンターで並んで飲んでたんだけどすぐに相手は酔っ払って顔真っ赤。そして目がうるんできていてめちゃくちゃエロい。

エロトークにもノリノリなので絶対いけると思ってホテルに連れ込むつもりで店を出る。路上で抱きしめキス。

めっちゃ細いのに結構肉付よくて更に胸揉んだら声押し殺しながらよがるし、もう後は近くのホテルにいって続きするだけだとおもった。続きを読む

俺は心の中で二度と浮気はしませんと誓った

俺と奈緒は、やっと結婚1年目を迎えた夫婦だ。

俺達は社内結婚なのだが、奈緒は入社当時から評判の美人で
少しおっとりしているものの、明るく素直な性格で誰からも好かれる娘だ。
俺は容姿も性格も地味で目立たない存在だったので、奈緒と結婚が決まったときは
周囲の同僚にかなり驚かれ「どんな弱み握って脅したんだ」とかからかわれたり
女性社員の間では「ヨシキさんって凄い巨チンらしいよ」という噂が流れた為
俺を見る目がちょっと変わった程だった。


ギリギリ人並みのモノしか持ち合せてない俺はちょっと嬉しかったのだが、
どうやら奈緒は怒っているみたいだった。

そんなある日、俺の部署で定年退職する上司の送別会があった。
俺はその上司に凄くお世話になっていたので、
その日は彼の好きな酒にトコトン付き合うつもりで、
奈緒にもそう伝えていた。

最初は部署の全社員が参加していたのだが、最後まで残ったのは
俺とその上司と40才になる先輩女性社員の山川さんの3人だった。
その上司も年のせいか酒が弱くなっていて、酔いつぶれて寝てしまった。
山川さんと二人で抱えタクシーに乗せて見送ったのだが、最後に上司が
「尻にタマゴの殻をつけてたお前たちが、よくここまで成長したな。
もう俺の会社人生に思い残しは無いよ。今日はアリガトな」
と言ったので、俺と山川さんは思わず泣いてしまった。

タクシーを見送ると、なんだか寂しい気持ちがした。
それは山川さんも同じ気持ちだった様で、もう一軒飲みに行く事にした。
・・・そんな感傷的な気持ちが間違いの元だった。

上司も送った事で張り詰めていた気持ちが緩んだのか、
俺は次の店であっけなく記憶を無くした。
気がつくと朝方のラブホの部屋で、隣には裸の山川さんがいた・・・
一気に酔いはさめ、血の気も引いた。
山川さんは仕事は出来るが、外見は未来から来たネコ型ロボットの様な体型をした、
完全なオバさんである。俺は自分で自分のチャレンジ精神に驚きながら
急いで山川さんを起こし部屋を出ると、俺は逃げる様に奈緒の待つ
愛の巣へ帰った。

帰ってから、そっと寝室を覗くとラッキーな事に奈緒は寝ていたので
そのままそっとリビングに行き、数日前に購入したアメリカの
シリーズドラマの第1巻のDVDをプレイヤーに入れ、
帰宅途中で買った缶コーヒーを半分飲んでテーブルに置いた。それから
ホテルの石鹸の匂いを消す為に風呂に入り、ベッドに入ると奈緒が起きて
朝帰りがバレそうなので、そのままリビングのソファーで寝た。
続きを読む

新潟県長岡市の熟女マダムのエロSEX体験談

去年の夏の終わり、本当に偶然で知り合った人妻さんとエロい事続けています。
彼女はドキドキする露出が好き、俺はエロい格好させるのが好き。彼女は所帯持ち、俺は一人暮らし。自然彼女が持ちかえれない衣裳、下着がウチにどんどんたまります(^o^;)新しいの置く場所も無いし、お気に入り以外は処分しようと言うことになり、どうせならと喜んでくれる人に貰って貰おうと言うことになりました。
はじめの数枚は、某サイトで募集をかけて、大人のおもちゃと交換で手渡ししたりしていたのですが、ドタキャンはあるし、思ったほどドキドキする様なシチュエーションにはならないし、ドンキのローターばかり集まるしですぐに飽きました。それでもローターの数を数えてみれば、6人ばかりに彼女のエロ下着、エロコスをプレゼント出来た様です(笑)
続きを読む
カテゴリー
メッセージ