淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

上越市の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

音楽教室の講師とのひとづま熟女のイケナイエッチ体験談

夫と中学生の息子と3人暮らしです
夫とは私が音楽大学の卒業旅行で知り合い半年で結婚しました
息子が小学3年になったころ、自宅でピアノ教室を始めました
初めは幼稚園と小学生くらいでしたが、今では高校生から大学生におばさん・おじさんもいます
平日の昼中は暇してます
この暇な時間帯に35歳の会社員がエレクトーンを教えてほしいと電話がありました
水曜が仕事休みで、昼からお願いしたいとのことでした
一度 来てくださいと言い
4月の始め水曜日にきました
第一印象は、ちょっとイケメンで背が高い感じ
私より3つ年下、私より30cmは高いかな?
エレクトーンを学生時代、すこしやってたらしくて
多少はできる人でした
事は5月の始めての水曜日でした
彼の横からケンバンを手を添えて教えてるときに
顔と顔がすぐ横で彼が横を向いたときに
私の頬に彼の唇が当たりました
一瞬 ドキ!
男性を意識しました
練習が終わり、帰るときに両手を握られて
ありがとうございましたと言うと
少ししゃがみキスされたのです
突然で何も抵抗できず、5?6秒ほどキスしてました
彼が帰った後、ドキドキで胸の高鳴りです
勝手にいろいろ想像して、一人顔を赤らめていたかもしれません
そして、昨日です
彼が来るのを待ち焦がれていました
来た!
続きを読む

変態プレイやわざと下着を使ったオナニーをして見せたり、バイブやローター、電気按摩器で失神するまでイカせたりもした。

高校の頃押入れで探し物をしていた時に箱に入った黒いバイブ、大量のコンドーム、父と母の今で言ういわゆるハメ撮りのポラロイドが何十枚もあるのを発見してしまった。
正直ショックとスケベ心ではスケベ心が勝った。
 
この後からポラロイドのイヤラシイ母をオカズに汚れた下着に匂いを嗅いだり舐めたりして母とセックスしている妄想でオナニーをする事が増えた。

そんなオナニーもだんだんエスカレートし、最後に汚れたクロッチに発射して中出しした気分になっていた。

高校2年の5月くらいに突然「アンタ私の下着何かした?」と母に言われ、焦りながらも「何もしてないけど何で?」ととぼけた。
すると「そう、ならいいんだけど・・・」と言葉を濁して部屋を出て行った。

ある日学校から帰宅し母がパートで留守なのをいいことにまた汚れた下着でオナニーをし、やはり最後はクロッチに発射、綺麗にパンティーで拭き取った所に母がいきなり入ってきて、「アンタ何やってるの? こんな事して良いと思ってるの?」とすごい剣幕だった。
最近洗濯機に入れておいた下着に精液が付いているので先日わざと自分に揺さぶりをかけたらしく、今日は決定的瞬間を押さえられたとの事。

何も言い返せなかったので急いで両親の部屋まで母を引っ張って行き、例の箱を押入れから出し「こんなの見つけた。こんなの見たら俺だってこういう事したくなるじゃん」と訳の分からない逆切れをすると母は黙ってしまった。

こうなったらどうにでもなれと「俺だってお母さんとやりたい」と母をベッドに押し倒すと「親子でしょ!ダメ」と抵抗されたが、
箱からコンドームを出し、「これ着ければ他人だし、元々本当の親じゃないじゃん」と言い羽交い絞めにすると少し沈黙した後「今日だけにして」と諦めたようだった。

そのまま服を脱がせ無我夢中で挿入。

母は目を閉じて耐えている様子。

すぐに我慢できずに発射。

ところが発射してもオチンチンは小さくならずまだキンキンに立っていた。

すかさずコンドームを取替えようとしたら小声で「そのまま入れなさい いいわよ」と耳を疑う言葉が・・・

「え、だって子供できたら」といい終わる前に「いいから!」と被せて言われたのでそのまま挿入し腰を振ると、今度は母もハァハァ感じている。
訳が分からなかったが明らかに母も積極的に腰を振っている。

しばらくして「今日は大丈夫だから中で 中で」という言葉を聴いた瞬間2度目の発射。

発射している間もきつく抱き疲れた状態で放心状態の私に「アンタが私のパンツで変な事してるのは知ってたの。
今日その場に乗り込んで怒ろうと思ったけどあれ(例の箱)がバレてるんならもういいと思って」と。
「何で?」と聞くと「アタシ毎日でもしたいの。でもお父さん疲れてるでしょ。だからアンタなら若いしヤリたい盛りだと思って・・・」と言う。
続きを読む

街中で綺麗な熟女を見ると絵里さんとの濃厚なセックスを思い出します。

大学に入って仲良くなった友人がいます。
そいつの家に初めてお邪魔したのは夏休み直前の試験前でした。
リビングで会ったお母さんを見て吃驚。
お母さんとは思えないぐらい若くて美人で、女子アナの中田有紀に似た美女で、まさに最近TVで見る美魔女ってヤツ。
年齢は39歳で子供は2人。
どう見ても30代前半か20代後半に見える。
意表を突く美貌に緊張しちゃったが、お母さんは超フレンドリーでした。

友達から仕入れた情報を少し。
短大卒業と同時に結婚&出産。
俺の勝手な計算だと、1月か2月に仕込んだはず。
先にも書いたが39歳で友達の下には高校生の妹あり。
この妹もまた可愛いが、ちょっと生意気で俺は嫌い。
お父さんは単身赴任中で、数ヶ月に1回程度帰ってくる。続きを読む

それから僕の愛人生活が始まった。

俺達はナンパや出会い系そしてジムや教室など


ありとあらえる手段を使ってネタをまわしていた


熟女バー、人妻サークル、人妻クローバー、若妻快楽世界など


人妻や熟女の溜まり場をあさりまくっていた



若い女に飽きた俺達は人妻や熟女がはやっていて


やっと都合が会う機会ができたので


念願の合コンを迎える事ができた


人妻は夜出るのが難しいらしい


僕は支度に手間取ってしまい、車で行くより電車の方が早いと判断。電車に飛び乗り、会場のカフェへ。食事も始まり、気が付くとワインボトルが4,5本空いている



人妻という響きに、いろんな事を想像して挑んだ合コンもいいお友達のできあがり



みんなで仲良くアド交換して解散



駅に向かう為来た道を戻る



そこを1台の車が通りすぎて停車



横を通り過ぎようとした時


「A君!」  赤いプジョープジョーの中から呼び止められる



「あっ!Bさんじゃないっすか びっくりしたー!」


Bさんはさっきの合コンに参加していた、僕の8つ年上の人妻さん



白のワンピースにカーディガンが似合っていた。スレンダーで、顔は加藤あいを大人にした感じか



「A君駅行くの?」


「ええ でも顔真っ赤なんで、パチンコでもやって酔い覚して行こっかななんて」



「そうなんだ 私○○に用があるの A君の家その辺だったよね?」


車に乗り込み送って頂く事に



さっきの合コン話をしながらのドライブ


僕は車内の暖かさと酔いのせいもありウトウト…



ポンポン 肩を叩かれ目を覚ます


「はっ!すんません 寝ちゃいました!…」



キョロキョロ周りを見ると、そこは見た事も無い薄暗い駐車場



「ココ私のマンションの駐車場よ。あまりにも気持ち良さそうに寝てたから起こすのためらっちゃって。コーヒーでも飲んでいかない?」



寝ぼけまなこを擦りながら室内へ(ドキドキ)


ソファーに腰掛けコーヒーを出される(ドキドキ)



「ごめんね ビックリしたよね」


「えっええ 大丈夫ッス(ドキドキ)」



僕は緊張していた 見た事も無い旦那に申し訳無く、まるで間男。全く落ち着かない時間を過す(相変わらずドキドキ)



コーヒーのおかわりを注いでくれた時、ワンピースの胸元が開いた



「アッ・・!!」 バカな僕は声を出してしまいBさんに気付かれる



「ゴメン 変なモン見せちゃったね」


胸元を押えBさんが照れながら言う(マジカワイイイ)



「いやメチャラッキーでしたよ 今日のオカズにします」(バカ)


「…」(ヤベッ 引いてるし)



「A君彼女は?」


「いないッスよ 右手が恋人 左手が愛人ですもん」(なぜか自信満々)



「…」(また引かれたか!?)


「嫌だなぁ黙らないで下さいよ~」(汗)



しばらく沈黙が続きBさんが豹変する。



Bさんがゆっくり僕に近づき、首筋に吸い付く(うぉっ!) 。首筋への舌使いとシャンプーの香りが、僕の理性を完全にふっ飛ばす



「いいよね」


Bさんが耳元で囁き、答える間もなく舌がニュルっと(!!)



クチュ・・はぁ・・ウンッ いやらしい音とBさんの柔らかい舌


チンポは反応し、チンポ汁は出まくり(ハアハアハア)



ソファーに座ったまま僕は脱がされ、パンツ1枚の姿に。Bさんは目の前にひざまづき、僕の乳首を舐める(ううっ!)



チロチロチロ…小さい舌が上下左右に這い回る(キッモチイイー)


そして腋へ…クンクンクン「私男の人の匂いって大好きなの」(フェチ?)



Bさんはトロンとして潤んだ瞳で僕を見つめながら下へ


パンツの上からまたクンクンクン(結構ハズカシイ)



第一チンポ汁で染みができているパンツの上からパクリ(フガフガフガッ)



Bさんはいたずらに微笑み、パンツを脱がせる


汁まみれのチンポがこんにちは



鼻先を付けて匂いを味わっているようだ


「クンクンクンクン…はぁ…クンクン…あぁ」完全にイッてる



離した時、鼻にチンポ汁がビローン(エロッ)



「ぼっ僕今日風呂入ってないッスよ」


「ううん 大好きこの匂い もっとイイでしょ?」



両足をソファーに乗せられ、人生初のM字開脚(メチャハズカシイ・・)



Bさんの鼻は竿から玉 そしてアナルへクンクンクン


僕は興奮と恥ずかしさでいっぱいいっぱい



ンコ臭くありませんように、ンコ臭くありませんように…ひたすら祈った(汗)



「ああぁもうダメッ!」


言ったと同時にアナルドリル(ウホッ)



「あっ、ちょ、ちょっとBさん あ~だめッス アフッ」思わず声が漏れる。Bさんは何かにとりつかれたかの様に舐める・ほじるを繰り返す



舌を尖らせ、突いて突いて舐めまくる事を繰り返し竿へ。すでに矢吹Jのごとく真っ白になっている僕(力がハイリマセン)



ジュプッ、ジュポッ、ジュプッ 超ディープスロートで竿を飲み込むBさん



咥えたまま「…アッ、ワタヒモヌガヘテ…」


脱がすとそのまま立上がり挿入 ズプッ



「あ゙ーちょちょちょっと!やばいッスよ生じゃ!」


「アン…ワタシ…アッ・・ヘーキ・・ンンンン」



髪を振り乱しガンガンに腰を振るBさん



「アー、ウン、ハアッ、ハアッグッ、アン」


目の前で揺れる手のひらサイズのオッパイ



「ねぇ…気持ち良い?…ンアッ…アタシのアソコキモチイイ?」


「アッ、ハッ、イッイッチャウ、イッチャウヨ、アアアアッ・・ッガ、アハッ、ハッ、ハッ」



グッタリしているBさんを下にし、ウツベシッ、ウツベシッ、ウツベシッ

続きを読む

私の妻は無防備だ。人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わない

私の妻は無防備だ。人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっとふれた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。
それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。
以前こっそり相談しに行った医者の話では何千人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうと言われた。
医者からは「こういった病気は一生治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」と言われひどく落ち込んだ時もありました。
それからは私は妻を気をつけて見るようにしてきました。しかし私はそんな妻や、妻を狙ってくる男達を見ている間にどんどん自分の中で何かが変わっていってしまうのでした。
私の妻は自分の格好をまったく気にせず、夏場はいつもきまったワンピースで出かけます。
何年も着ているそのワンピースは胸元がのびきってしまっており、すこし屈むだけで胸が見えてしまい、縮んだ裾は膝小僧もまるだしで、ちょっと動作を激しくするだけでチラチラパンティを露出させていました。
洗濯の繰り返しですこしはげた薄手のニット地は、普通に立っているだけでパンティやブラジャーの模様、さらにはおへその黒い影までくっきり透けさせる。しかしそんな私の妻は、そんな自分の格好もまったく気にせず外出し、行くところ行くところで男達の視線を集めた。
気がつくと男達に囲まれ胸元やパンティを覗かれているのはしょっちゅうで、さらにはエスカレートした男達に体中をさわられてしまうのも度々あった。
そして私が何よりショックだったのは、そんな妻が覗かれることをまったく気にもしなかったのは言うまでもないが、それどころか体をさわられていても、抵抗もしないで普通の態度でいるのが、信じられなかった。
それを見た私は当然これ以上ないくらいのショックを受けた。しかしそんな現場を見ていくうちにそんな妻の様子にだんだん興奮するようになっていってしまった。
九月 ある残暑の日曜日
私達家族は休日で天気もよかったため、デパートで買い物をし公園で遊んでくることにした。
さすがにデパートに行くときぐらいはそれなりにオシャレをしているつもりか、いつもジーパンをはいていく妻だったが、いけない妄想をもつようになった自分は、あえてジーパンを隠しいつものワンピースを出しておいた。
「パーパー、あれっ、わたしのジーパン知らん?」 
続きを読む
カテゴリー
メッセージ