淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

鳥取県の淑女熟女貴婦人マダムのH体験エロ話

妻の体がビクビク動いています私の物では届かない奥の奥まで刺激されて体が反応したのでしょう 妻は少し痙攣状態に成りました。

私は岸本にカンペを出してセリフを言わせました。
もうAVビデオ撮影其の物です。
岸本が妻に「奥さん如何、気持ち良いの」と岸本も完全にリラックスしてノリノリ状態に成りました。
妻は「奥が・子宮が押される感じで、パパとは違う所に当たって・あうぅ」
今度は騎乗位で下からパンパンとおちんちんで突き上げられていました凄いピストンです・・・
ノリノリな岸本が妻を下から突き上げながら私の出したカンペ通りに「先輩のとどっちが良いですか?」
妻は「パパのオチンチンよりも奥に当たって気持ち良い気持ち良いぃ」と喚いています
今度はバックでガンガンに突かれていますパンパンパンと肉音が響いていました・・・
妻は「パパー突き刺さる子宮が壊れる.子宮壊れるイグ・イクッ」と狂っていましたバックだと奥深くまで挿入出来るので
ポルチオ派の妻には堪らなかったでしょう。

最後はもう一度正常位です私は岸本に妻は奥まで挿れられるの好きだから根本まで挿入してと言いました
私も撮影しながら自分のおちんちんを妻の口に押し込みました一度射精したのですが
興奮して私の物も既にビンビンでしたもう3P状態です
岸本が「奥さん奥好きなの?」妻は「好きー.奥好きー」
岸本は「奥さん脚肩に乗せてうーんと奥まで挿れるから」
岸本は妻をまんぐり返しにし脚を自分の肩に乗せた状態で妻に伸し掛かりました、
妻が「あーーーっ」と凄い叫び声を上げると
興奮した岸本が「奥さん如何?全部挿ったよ」妻は「パパのじゃ届かない子宮の奥まで来てるぅ」
と両足を岸本の背中にに絡ませ腰を浮かせて奥深くまで受け止めていますまるで子作り中の夫婦のような感じです
妻の体がビクビク動いています私の物では届かない奥の奥まで刺激されて体が反応したのでしょう
妻は少し痙攣状態に成りました。
続きを読む

私が、おねだりしても、舌を入れたり、指を入れたりするが、本当に欲しいものはお預け状態にする

親戚の葬儀で、お義父さんと二人で車で出かけた帰りのことです。
天気予報で、確かに大雪警報はでていたのですが、交通麻痺になるまでとは思わずに、親戚の家を後にしました。

積雪はここ何十年も経験したことのないくらいで、道路は大渋滞になってきました。
途中 親戚の家に戻ろうとしましたが、戻る途中、親戚の家にたどりつくことも難しいと判断し、どこかの旅館に泊まろうとしましたが、どこも満室。
探しまわった結果 ラブホテルが空いていたんです。
あまり綺麗とはいえない外観でしたが、横になるところがあるだけでもいいということで、部屋をとりました。
喪服で入った私たちを見た受付の人が最初 無理心中じゃないかと疑い、私たちの入室を断りましたが、事情を説明して、やっと入らせてもらったんです。

二部屋お願いしようとしましたが、受付の人に、こんな天気だから、ほかにもくるかもしれないので、二人なら一部屋でがまんしてくださいといわれ、お義父さんと一部屋にはいりました。
部屋は、和風モダンな造りで、奥に床の間と畳の部分が一段高くなっていて、その畳に布団が敷いてあり、
照明が行燈で、ピンクオレンジの明かりが、妙にエロティックな気分にさせます。
最初は、亡くなったおじいちゃんの昔話などで、会話は弾んでいたのですが、だんだんと話のネタもつきてきて、逆に静かになると、気まずい雰囲気になってしまうため、無理やり話をつくると、入ったホテルの造りはどうのとか、エッチな話も加わりながら時間を過ごしていたのです。

心配している夫に何と説明しようかと、お義父さんと話あった結果、やはりラブホテルはまずいから、高速道路のパーキングで休んでいることにし、電話を入れておきました。

私は 和装の喪服で出席していて着替えを持っていなかったので、脱いでしまうと着るのが困難なこともあり、そのままでソファで休んでいたのです。
お義父さんはお風呂に入っていき、その間、テレビみようと
スイッチを入れたとたん、エッチな画像から始まりました。
消そうとおもったのですが、お義父さんがお風呂から出てくるまで、チョットだけ・・・と見てしまいました。
先生と生徒のエッチビデオは、私の喪服の下を熱くしました。
シャワーの音が止まったので、テレビをあわてて消し、うたたねを装いました。
浴衣姿で、でてきたお義父さんは、こんな部屋で見ているせいか男を感じさせました。

変な気分になってしまったため、お義父さんが出た後、やはりお風呂に入ることを告げ、二人きりになるのをできるだけ避けようとしました。

私が、お風呂に入っている間、お義父さんはテレビをつけたらしく、私がお風呂からでると、普通の番組に切り替えできなかったらしく、テレビのスイッチを色々と押してみながら慌てていて、その姿が、年配を感じさせながらも、かわいらしくおもえました。

なんとなく、エッチ画像に慌てているお義父さんをもう少しみていたくて、髪をバスタオルで乾かしながら、意地悪く見ていました。

お義父さんも明らかに、私がお風呂に入っている間ビデオを見ていたに違いないのですが、平常心を装っているのがおもしろく、私はわざとお義父さんの横に腰をおろしました。

私は、浴衣の合わせ目をゆるく大きく開け胸が見えてしまうような、ちょっと浴衣をだらしなく着ていました。
お義父さんの腕に胸があたるように、体を傾けたりして、体を密着させていると、
お義父さんが、先に寝るよ・・と布団に入っていきました。
布団の端に寄って寝ようとするお義父さんに、もっと真ん中によってかまわないといったのですが、大丈夫だよと遠慮するのです。
私は、なかなか眠くならず、しばらくテレビを見ていました。そして、またエッチビデオに切り替えてみていました。
エッチビデオの内容は、温泉で女将さんが旅行客におもてなしする内容でした。
着物姿の女将さんのエロティックな振る舞いを見ているうちに、私も、また熱くなってきてしまったのです。

ビデオは点けたまま、私は、お義父さんの寝ている布団に入っていきました。
横になっているお義父さんの背中にぴたっとくっつきながら、足をの間に自分の足を割り込ませていきました。

反応がないので、浴衣を脱ぎ全裸になり、再度お義父さんの背中に寄り添うと、お義父さんは、起きていたようで、さなえ・・止めておきなさい・・といいました。
続きを読む

鳥取県の熟女マダムのエロSEX体験談

同じ会社のミキと不倫して3ヶ月ちょっと。
先日、ミキの家に遊びに行って送って貰う時に大きな賭をミキと計画を念入りにして実行した
ミキの旦那は高校時代の友達だけど、ミキとの関係は継続したいと考えていた
また、週末に旦那から「鍋でもして飲もう」と、連絡が来た
旦那からの誘いだし、断らないで行くと連絡をした
ミキには、職場でまた遊びに行くからと話していた
昨日、夕方から遊びに行って旦那と飲んでいてけど、旦那を早く寝るように頑張って飲ませた
続きを読む
カテゴリー
メッセージ