淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

パンティー

美人人妻熟女に指を入れてクリを弄りながら愛撫をつづけたあと、一気に水色のパンティーを脱がしました

今年大学に入った18歳です
先月ついに中学からの友達の母親と関係できました。
彼女は夏子さん44歳の優しそうなごく普通の主婦です。
友人も地方の大学に行き、姉は一人暮らしで旦那さんとの二人暮らしです。
 
中学から友人とは気が合いお互いの家に行き来していました。
高校に入り夏子さんを一人の女として意識しだしました。
友人には内緒でメルアドの交換もして、普段からメールのやり取りもして今割
いた。
夏子さんも子供に内緒でドキドキすると楽しそうでした。

大学に合格してメールのやり取りで合格祝いをしてあげるとのことになり、1
日だけ夏子さんとのデートの約束を取り付けました。

その日親の車で夏子さんを迎えに行き、彼女が普段行けないホームセンターな
どを回りながらドライブを楽しみ、夕方になって彼女を家まで送りました。
「全然デートじゃなかったね。買い物につき合わせたみたいでごめんね。夕飯
ご馳走するよ。どこか食べに行く?」
「簡単なものでいいから夏子さんの作ったものが食べたい」
じゃあそれならと、夕飯は夏子さんの家で作ってもらうことになりました。
旦那さんが出張中とのことでOKしてくれたみたいです。

車を家に置きに帰り、シャワーを浴びながら、どうやって夏子さんと関係を持
つか頭の中はそれだけ考えていました。
途中スーパーに寄り缶のカクテルを色々買い込み友人の家へと向かいました。
夏子さんは普段着のワンピースに着替えており、食卓の上には料理が並んでい
ました。
「急だからこんなものしか作れなかったけど」
夏子さんは申し訳なさそうに笑っていましたが、僕にとっては大感激です。
乾杯をして色々話をしながら、夏子さんに買ってきたカクテルを勧めました。
あまり酒が強くないのを知っていましたから、甘い飲みやすい物を買っておい
たのです。
「これ美味しいわ」
「顔が熱くなってきたわよ。こんなおばさん酔わしてどうするの?」
少し酔ってきたのか顔が少し赤くなり始めています。

続きを読む

エロさは足りないもののシンプルな形の人妻熟女のブラジャーにパンティ

菅野美穂似の奥さん41歳のパンティを手に入れた!!
いま、手も体も震えている。武者震いだ。
夕べ同僚の家に遊びに行き、食事をして酒飲んで、そのまま寝て、私が今朝がた体調くずして下痢しちまって、そしたら同僚は私を心配しながら出勤、「きょうはこのまま休んだらどうだ?
動けそうなら病院に行ったほうがいいと思う」との気遣いのセリフ。
奥さんは「としさん、よかったらうちで休んでいって。
熱もありそうだし無理しちゃだめですよ」とこれまた優しい言葉。
奥さんも生命保険の仕事してるので10時半くらいに出勤。マンションの鍵をあずけてくれた。
「また今度会社で主人に返しておいてくれれば大丈夫ですので」と。私のことをどこまで信用しちゃってるんだか。
さらには私のためにおかゆまでつくっておいてくれたと言うじゃないか。信じられん。
既婚うらやま!リア充すぎる!

たしかに私は会社では良い人間のほうだと思うし、同僚にもちゃんと接している。
鍵をあずかったからと言って、金目のものを盗んだりなんてことは当然しない。
ただし、下着好き、しかも、奥さんのような30代人妻ものが大好物というやばい性癖がある。
これは20代後半に発症してからどうにも治らない。
そんなわけで、さっそく二人が出かけたあとにおかゆをいただいてから寝室に侵入し物色開始。
クローゼットをあけたり、引き出しを開けたり、風呂場にも行き洗濯機を開けたり。
うおおおおー!!あるわあるわお宝の山!!
エロさは足りないもののシンプルな形のブラジャーにパンティ。私はたまらず素っ裸になり、勃起ちんこを片手でしごきながら夕べはいていたであろう奥さんのパンティを頬張る。
上手い!奥さんのまんこの味!
勃起ちんこにまきつけて布地の感触を楽しみながら射精。たまらん!
そしてよくふき取ったら再び洗濯機の中へ。
「奥さん、奥さん、奥さん。ああ」
あいつはいつもこんなに美人な奥さんとセックスしまくってるのか。こんな下着を着た奥さんを。
たまらずまたまた射精!
全裸のまま寝室に戻り、二人が毎晩いっしょに寝てるであろうダブルベットにダイブ!
「ここでセックスしてるのか!」
奥さんの裸を想像しながらパンティでしこしこ。
さっき発射したばかりなのに、また勃起してきて射精しそうになる。

そうして昼まで2時間くらい楽しんだろうか。同僚から携帯に「大丈夫か?休めてるか?」
とメールが届き、我に返る。
おお、やばい。ここは同僚の家だぞ。
あわてて私は服を着て、奥さんの下着をもとの場所にそれぞれ戻した。
それにしても奥さんの下着はどれもいい匂いがする。

しかし、私はついにやってしまった。これまで、知り合いの家ではやったことがなかったのに、手が勝手に動いてしまったわけだ。
奥さんの薄いピンク色のパンティを私は1枚だけだが持ってきてしまった。そしてそれがいま、目の前にある。
どうする?
手が震えてる。体全体も震えてる。
奥さんを包んでいる布。これは奥さんの味。匂い。
また勃起してきてしまった。バレないことだけを祈るしかない。
カテゴリー
メッセージ