淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

体験談

隣のおばさんとセックスした体験談

俺は隣のおばさんとHしてしまった。
おばさんは50歳、俺は24歳。歳の差がなんと親子以上だ。
おばさんは今じゃ俺のセフレになっている。
おばさんと最初にHしたのは5月の連休だ。おじさんが出張で居ないときだった。
俺にお茶を誘ってきた。
俺は暇なのでお茶を飲みに家に上がった。
おばさんはお茶といいながらビールを出してきた。
おばさんは俺と今思えばHしたかったんだ。
二人でビールを飲みながら庭を眺めていた。
おばさんは何気に俺の肩にもたれかかってきてた。
俺の腕にはおばさんの乳房が柔らかく当たってきた。
俺はその感触を楽しいんだ。
俺はおばさんの肩に手を回し、そっと抱き寄せた。
おばさんは俺のあそこに手を乗せて優しく揉みだした。
俺のあそこはもうビンビンになってる。
おばさんのブラウスの下に手を入れてブラジャーの上から乳房を揉んであげる。
おばさんは軽くうめく、うぅうう・・・
俺はキスをしながらおばさんのブラジャーの中に手を入れ指で乳首を軽くつまむ。
おばさんは声を出しながら俺の舌を吸い始める。
おれもおばさんの舌を吸いながら指で乳首をつまみあげる。
おばさんはかすかに声を殺してる。
俺は大胆になり手をおばさんのスカートの中に入れてパンティの横から指をいれた。
あそこはもう熱くなって濡れ濡れになっている。
俺は指を入れてかき回す。
1本の指が2本になりグチュグチュ音がしはじめた。
おばさんは俺のズボンのファスナーを下げていきり立つチンポを口に含む。
口のなかで俺ははじける寸前だ。
俺は我慢が出来ずにおばさんの口の中に放出した。
ドクドクと脈打つチンポを口で受け止めてくれた。
おれは萎えるどころかますます硬くなってしまった。
おばさんのスカートをめくり上げた。
パンティを下げておばさんのあそこに俺のチンポを押し付けた。
あそこは俺の硬いのを静かに受けとめてくれた。
最初は少し入れて次は深く奥まで突っ込んだ。
あそこは俺を深く受け止めていて濡れていやらしい音がしている。
俺はおばさんの腰を手に抱いて深く挿入して、子宮の口元に当たっている。
あそこはおばさんの子宮に当たりくわえ込まれて気持ちがいい。
おばさんは腰を大きくゆすり俺を深く深くと導く。
ああ、気持ちがいい。
おばさんの動きで俺はまた爆発寸前に。
おばさんは声を殺している。
俺はおばさんが可愛くおもった。
俺はおばさんに中に出していいかと耳元で聞いた。
おばさんはかすかに出してと言った。
俺は思い切りおばさんの中に放出した。
精子がおばさんを目掛けてるのが解る。
おばさんはヒーと言いながらいってくれた。
俺も思い切りいった。
おばさんのあそこからからは白い精子がこぼれ落ちてシーツを汚してる。
おばさんは俺のセフレになった瞬間だ。
それから俺は週に2回おばさんとHしてる。
続きを読む

友達と望んだスワップを実現し、莉奈さんの身体を堪能させてもらいました夫婦交換体験談

私は45歳で建設会社に勤めています。 
妻(瞳 42歳綾瀬はるか似の美人)は娘を産んでも結婚前と変わらぬスタイルと若さを維持していました。 
娘は高校1年生ですがクラブ活動に忙しく土・日もクラブの練習に参加しています。
妻は性に対して考えが堅物で男性は私しか知りません。 
私は妻がHな女になって欲しいと常々から思っていて、2~3年前から説得を続けていました。 
ようやく最近になって下着も私好みのHな下着を着けてくれるようになって、デジカメやビデオにバイブを使ったオナニーを撮影させてくれるようになったのです。 
でも、私の望みは妻が私以外の男を受け入れ歓喜の表情を浮かべてセックスしているのを見るのが夢でした。 
その事を妻に伝えると『そんな変態みたいな事はできないわ・・・今、している事でも人に言える事じゃないでしょう!』と、聞いてもくれません。
そんな妻が、パートに出たいと言い出しました。 
勤務時間や通勤時間を考えるとなかなか良い条件のパートが見つかりません。 
そんな時、友人の佐藤(43歳)の会社が事務員を募集しているのを思い出しました。 
佐藤とは昔から家族的な付き合いでお互いの子供が小さい時はよく海水浴やバーベキューに行ったものでした。 
佐藤の奥さん(莉奈 41歳)とも瞳は子供が大きくなってからもショッピングやお茶をしたりお互いの家を行き来する仲です。 
佐藤の自宅も会社も自転車で10分ぐらいで行ける距離で希望通りです。 
『佐藤に相談してみようか?』と、瞳に言うと『そうね・・・お願いできるかしら?』と言いました。 
早速、佐藤に電話してみると『まだ、事務員は募集している。瞳さんが来てくれたら助かるよ。勤務時間も相談に乗る。』とのことでした。 
「瞳さんって・・・パソコンはできるかな?」 
「ネットは時々見てるけど・・・事務レベルじゃないと思う・・・」 
「そうか・・・じゃあ、俺が教えるから・・・それより、加藤・・・俺と莉奈のことなんだけど・・・相談に乗ってくれよ。」 
「相談?・・・ああ・・・いいよ。?」 
「すまんな・・・近い内に会って飲もうか?」 
私と佐藤は週末の金曜の夜、会う約束をしました。 
佐藤と会う金曜日に上司から突然に北陸支社のトラブル収拾のため翌週から一ヶ月の出張を命じられたのでした。 
「大変だな・・・一流企業勤めは・・・」 
「しかたないよ・・・会社の命令だから・・・それより、瞳のパートの件だけど宜しくな。」 
「ああ・・・任せておけ・・・」 
「それより・・・相談って?」 
「うん・・・加藤・・・寝取られって・・・知ってるかい・・・」 
「・・・寝取られって、自分の妻や彼女を他人に抱かせて興奮するってやつだろ・・・まさか・・・」 
「・・・そうなんだ・・・」 
「莉奈ちゃんを抱かせたのか?」 
続きを読む

宮崎県宮崎市の熟女マダムのエロSEX体験談

アパートの隣に住む人妻.大きめに音楽をかけていると
いつも注意に来る.ある日,大学をさぼって寝ていると
俺の部屋に勝手に上がってきて音楽プレーヤーのリモコ
ンを取り上げようとした.もみ合いになり,ベッドに押
し倒す形になってしまった.顔は地味なのだが,ジャー
ジの下の胸はかなりでかい.しかもノーブラなのでやわ
らかさがそのまま伝わってくる.リモコンを取り上げる
続きを読む

長崎県佐世保市の熟女マダムのエロSEX体験談

奈保と言います。
35歳になります。
5歳の稚園児と母子家庭です。
吉田様(管理人)とはほんの些細なキッカケでした.....
子供好きな紳士で玩具やレゴを買い与え頂いたり。
最初はキッパリとお断りしてましたが....
二年前の夏に子供が熱を出し病院等を色々お世話して貰い御礼をお持ちしてから親しくなりました。
続きを読む

熊本県の熟女マダムのエロSEX体験談

この正月間もない頃のこと、高校時代の同窓会があった
創立40年というさほど歴史があるとは言えない学校だが、同窓会だけは毎年盛況だった
卒業後20年目を迎える年代が毎回幹事を務める
夏に幹事団の集まりがあり、どんな内容で盛り上げようかと話し合いが始まった
幹事団の名簿を見ると元カノの名前があった
もう15年近く会っていない
俺の浮気がバレて別れたが、その後1年後に会い、酔った勢いで結ばれたことがあった
やがて、元カノには彼氏ができ、結婚したという噂を聞き、数年後にスーパーで子供を抱えて買い物をしているときに偶然会った
彼女の結婚相手は俺もよく知ってる二つ上の先輩だった
続きを読む
カテゴリー
メッセージ