淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

友人

妻の唇から溢れる唾液のぬめりや友人のごつい指が差し込まれたおまんこからいつもよりも大量の白濁汁が溢れているのが丸見えです

自分の妻が他の男に抱かれる姿を想像しては1人興奮しているワタクシでしたが
つい先日現実になってしまいました。興奮したのも事実ですが同時に
不安がつのって落ち着かない毎日なのです。 
電車の中で20年ぶりに大学時代バンドをやっていた友人に会いました。
友人は地方都市に住んでいて出張で都内に出てきたそうであまりの懐かしさに
ワタクシは家に誘いました。ワタクシは50歳、妻は41歳、子供はいません。
家では昔の話に花が咲きついつい飲みすぎました。友人は出張の疲れも
有ったのでしょうつぶれてしまいリビングのソファーで寝てしまいました。
友人には毛布をかけてやってワタクシたちは2階の寝室へ。ワタクシも妻もかなり飲んだので
すぐに寝てしまいました。
翌朝ワタクシが目を覚ますと妻は既に起きて朝食の支度をしていました。
ワタクシも起き出して友人に声を掛けると、二日酔いで苦しいもう少し寝ていたい。
というのでワタクシは食事を済まして出勤する前にもう一度友人に声を掛けると
本当に申し訳ないけどもう少し休んだら帰るから。と言うのでワタクシは家を出ました。
易に向かう途中何か気になって胸騒ぎが。友人は学生時代女関係で友達とトラブルを
起こしていた事が気になりました。もしかして二日酔いでもないのに家に残りワタクシが出社して
から妻に手を出すつもりなのかも?考え出したら気になってとても出社するどころでは
有りません。10分ほどの道を戻りながら妻に電話しますが出ないのです。
会社の同僚に体調が悪く遅れて行く旨連絡を取って小走りで家に戻りました。
玄関から入ろうと思いましたが取り越し苦労だと恥ずかしいので知られないように
ガレージへ出入りするドアからこっそり家の中に入りました。
入った時点でもう妻の喘ぐ声が聞こえてきました。2人はリビングに居るようです。
ドアを少し開けてのぞくのですが位置が悪く2人を見ることが出来ません。
ワタクシが家を出るとすぐに妻に襲い掛かったのでしょうもう既に挿入されているようです。
指を入れられているのか?ワタクシは家の外に出てチャイムを鳴らしてみようかと思いましたが
とりあえずもう一度電話をかけてみました。「又××から電話だよ喧しいから電源切っておくよ」
「ダメ止めて、やっぱり止めてくださいうちの人に気付かれちゃいます。今日はもう帰ってください
お願いです」友人は妻のいう事には耳を貸さず「奥さん今だけ、これっきりなんだから僕も
こんなになってからは出さないでは帰られないよ」などととんでもない話をしています。
ワタクシは心臓が破裂しそうと言うか口から飛び出しそうなくらいドキドキし、口はカラカラに渇いて
頭の中も正常でなくなっていました。数歩歩いてリビングに入り友人をたたき出せば出来るのに
若いときのように元気になった一物を握り締め2人の姿が見える位置へ移動しました。
ドアを半分くらい開けて二階へ行く階段から見ると丸見えでした。
続きを読む

主婦と友人の濃厚SEXに混ざらせてもらった 市川市の熟女マダムのエロSEX体験談

148 えっちな18禁さん[sage] 2013/11/12(火) 20:58:00.29 ID:6RMeje7TO

友人がバーやってて。イケメンっう訳ではないんだが面白い奴で。なんか女性客が多い。特に熟女と呼ばれる世代に絶大な支持を得ている。
「水曜の3時過ぎに飲みに来いよ。面白い事が起きるから」って言われてて。
俺はサラリーマン。水曜の夜中の3時に飲んでたら次の日の仕事に差し支えるんで、その誘いに乗れなかったんだが。
転職したら休みが木曜日になって。水曜に飲みに行ける様になり、面白い事に興味もあったんで飲みに行った。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ