淑女美熟女のエロいエッチ体験談まとめ

四十路も五十路も貴婦人マダムも淑女熟女のH体験とエロ話まとめ

淑女

月に1~2回とはいきませんがお互いの都合の合う日に昼間のラブホで生挿入・中出しを今でもしています。

ちょうど3年程前になりますが、私はパイプカットの手術をしました。

手術は30分程で終了したが、局部麻酔をしていても歯を食いしばるくらいの痛みが2回くらいあった(泣)

精管と言うのだろうか、2本取り出して切って、切り口をレーザーで焼いて結んで収める手術だ。

手術が終わって待合室のテレビを観ると朝青龍が引退会見していたのだ。

その日は風呂にも入れず翌日からの入浴になった。

1週間程は玉が下に引っ張られているような違和感を覚えながら過ごした。

一応痛み止めの薬ももらったが、痛む事はなかったので薬は飲まなかった。

この年になるとエッチの時にゴムの装着する僅かな間に萎えてしまい、挿入不可能になったりする。

メル友の『奈津子・40代既婚♀』やセフレの『雅子・30代・人妻』も生の方が気持ち良いと言っていた。セフレの雅子と関係がスタートしたのは5年くらい前になります。

月に1~2回のペースで会ってエッチをしていました。

雅子とのエッチはほとんどゴムを装着していました。

パイプカットは自由診療なので、クリニックによって金額が違うのだが、私の行ったクリニックでは初診料+手術代で1桁代の安さが私をパイプカットへと後押しした。

初診の時にドクターに

「何でこの年になって?」

と質問されたのだが、そんな事を聞くなんて思ってもいなかった私は

「孫もいるし…」

と答えた。

実際、孫もいます。

手術から1カ月後に精液検査に行った。

本当に精子が無いのかチェックするためです。

それからじゃないと中出しは出来ません(笑)

クリニックでは検査用のシャーレを渡され、それをトイレに持ち込み、
それに射精したモノを顕微鏡でドクターが覗く。

普通なら精子の死骸が見つかるのだが、私の精液は死骸の精子は1匹も見つからなかった。

その日までに何度も1人で抜いていたから

「見つかる訳ないです先生~」

って思った(笑)

検査も無事に終わり、精子がないただの液体だけになった俺はついに雅子とラブホに行き、
ゴムも着けずに生で中出しをする事が出来た。

あれから3年になります。

以前のように月に1~2回とはいきませんがお互いの都合の合う日に昼間のラブホで生挿入・中出しを今でもしています。

人妻がバイブでオナニーしているのをみかけてしまった熟女マダムのエロSEX体験談

夏休み、家には自分ひとり。
暇つぶしにお隣さんを除いてみたら亜樹さんがパンツだけ脱いでバイブでオナってました。
亜樹さんは30歳で綺麗な奥さんでした。
普段は大人しく内気な人だなと思っていたらこんな一面があったとは。
しばらく見ていたらピクッとなって動かなくなった。
どうやらイッタみたいだ。
こっちに気が付いたみたいで窓を開けて話しかけてきた。
何を言われるのかと思ったらセックスへのお誘いだった。

お隣さんの玄関に入るなりいきなりディープキス、鍵をかけて亜樹さんの寝室へ。
ベッドに座らされズボンを下ろされてフェラをし始めた。
待ちきれなかったらしく美味しそうに咥えてた。
すぐにイってしまったがそのときも亜樹さんは何も言ってないのに精液を全部飲んでくれた。
全裸になってベッドに押し倒されて騎乗位で生挿入、胸はでかくないがまんこの締りはすごくよかった。
夫はセックスしてくれなくなって毎日オナニーの日々で、性に飢えてたらしい。
セックスのテクはすごくよかった。
続きを読む

妻が若い男に獣のように犯されるSEX体験談

先程、妻を送り出してきました・・・。
相手は妻の勤務する会社に来たコンピューター関係の業者の男で、システムの不具合を直すために来たらしく、いままで3、4回ほど来たことはあるが挨拶を交わす程度で会話などはしたことがなかったが、昨日いきなり「今週末飲みに行きませんか?」と誘われたらしい。

物静かで穏やかな感じの男なので妻も面食らったが、私の性癖を踏まえつつOKしたとのこと。

顔は見ておきたいと思い、待ち合わせ場所まで他人のふりをして行きました。

というのも、妻はNTRプレイには承諾してくれたものの、あまり年の離れた人とはちょっと・・・、3歳前後がよいと言ってたにも関わらず(この点は頑なに譲らなかった)、相手はかなり若い。(妻38歳、相手は24歳とのこと)

妻の豹変とも言うべき心変わりは何故?と思い、どのような男かこの目で確認したくなりました。

イケメンと認めざるを得ませんでした。身長も180~182cm位、スラっとして、まあスタイルも良い。妻の豹変も納得せざるを得ませんでした・・・。

最後までいくのかわかりませんが、心の中で綱引きをしています。酒を酌み交わすだけで終わって欲しい。いや、またとない機会だから最後までいってほしい。

とにかくいまは混乱して気が狂いそうです。

私の不安をより一層募らせる理由があるのです。女の性欲の最盛期は38歳という説があります。男でいえば15歳の性欲に匹敵するそうです。(妻にそれを話すと妙に得心した様子でした)

真偽の程はいざ知らず、また個人差もあるでしょうが、こと妻に関する限りそれは当てはまるように思えます。
続きを読む

横目でチラッとみたらベージュのガードルと白いブラジャーで熟女の定番だと思いました

僕は仕出し屋で働いている28才です。
よく出会い系で女の子とハメ撮りをしては、それを友達に見せて自慢しています。
ある日、朝一番に店に入ると、澄香さんといって55才になるベテランパートが僕の次に来た。
僕が着替えてたら横で恥じらいもなく着替え始めた。
横目でチラッとみたらベージュのガードルと白いブラジャーで熟女の定番だと思いました。
僕は着替え終わると何を思ったのか澄香さんにこれなんだといってハメ撮り画像をみせた。
澄香さんはバックからズッポリはいった画像を見て「ワァ!?久しぶりにこんなの見た!」といってました。
「これ僕なんですよ」というと「どうやってこんなの撮るの?」と聞いてきたから、こうやってといって後ろに回り込んで僕の下半身を澄香さんのガードルの尻に押さえつけて、左手に携帯持って、「こうやるの」といった。
「ふーん、でも止まったまんまで撮るの?」と聞いてきたから前後に動かした。
「なんかおっきくなってるよ!」と澄香さんがいってきた。
気付かない内にギンギンに勃起していた。
「はっ」と思い動きを止めた。
すると澄香さんが少し自分から腰を動かしてきた。
プツンと理性がなくなった。
続きを読む

少し垂れたおっぱいと顔に似合わず黒々とした陰毛が股間を覆っている。

俺の今の性欲解消の対象女は54歳の後家さんだ。子供も成長し、一人暮らしをしている。
たまたまそこへセールスに行ってなぜか気にいられ、週に一度性欲解消にそのおばさんの家を訪ねている。
もはや、そのために行っているのはおばさんも口には出さないが十分承知している。
俺は家に入るや、すぐに全裸になる。それを待っておばさんは俺に尋ねて来る。
「今日はどんな風にしてほしいの?まず、舐めたらいいの?」
と言って俺のちんぽに手をのばしてくる。
おばさんとこんな関係になってからはマスをかく必要が全くなくなった。
俺は言う「今日はおばさんのおまんこの毛を全部剃りたいんだ」と。
予期しなかった俺の要求に一瞬びっくりした様子だが「それじゃあ準備してくるわ」と。
しばらくするとお湯を入れた洗面器とT字かみそりとタオルを持って来た。
俺は「おばさん、じゃあ、バスタオルを敷いてそこへ、全裸で仰向けになってよ」と。
俺がここへ来る時はおばさんはいつも下着はつけていなかった。
続きを読む
カテゴリー
メッセージ